« 野辺山ウルトラ レース本番 弐の巻 | トップページ | 野辺山ウルトラ レース本番 四の巻 »

野辺山ウルトラ レース本番 参の巻

【~87K 川上村多目的ホール】

 ここからゴールまでは下見をしていない。「馬越を登りきった後の下りが厳しい」という話は、先達のブログや説明会で聞いていたsweat02  ただ、峠道は完全にウォークfootで来ているので、脚はかなり元気だ。scissors

 登り坂の途中で抜いてきたランナーが、エイドで休まずに一人で下り始めたのでsecret、それに続いて山下りを開始した。 このランナーがなかなかよいペースで下っていくので、またもやスピード狂の血が目覚めてしまったthunder
 追走しながら、ずっと前にいた別のランナーを軽くパスし、コーナーを曲がるたびに加速していく。 car dash  rvcar dash   膝の調子もOK。何度目かのコーナーで一気に前に出ると、そのままさらにスピードを上げ、キロ4分前後のペースでどんどん駆け下りる。bullettrain
 川上村の野菜畑が眼下に広がっており、天気もよく、風も爽やかなのでご機嫌な山下りである。yacht  05182008142115_2

 途中、82K辺りのエイドで、少しだけスピードを緩め、bicycle 「ご免くださ~い」 train 「オレンジいただきま~す」 bus 「お邪魔しました~noteship  と徐行運転で通過し、小用で30秒ほどロスしたが、再び加速し、ポツンポツンと現れる先行ランナーを次々と追い抜いていく。horse

 途中のコーナーに車が停めてあり、3~4人の応援の方が「頑張れ~!」と手を振ってくれた。paper  「ありがとうございま~す happy01 」と大声で叫びながら、さらに前をゆくランナーをパスして順位を上げた。up さらに、抜きつ抜かれつしている気配のランナー二人をまとめてパスし、「この下りはどこまで続くのかな~sign02」 「終盤に備えてそろそろ膝を休めたほうがいいかな~ carouselpony 」と思っていた頃に、山下りが終了。 dash  あ~楽しかった。good

 ところで、85Kの標識dangerをまだ見ていないが、あとどのくらいで多目的ホールに着くんだろう? 右折して、生活道路の歩道をペースを落としながら走っていくと、川沿いの道路に誘導された。前方に先行ランナー三、四人の集団を発見。軽くクールダウンしながら追い付き、追い越す。 この辺りのグループは、関門の制限時間には無縁な地点まで到達しているので、 敢えて無理をしないでマイペースで走っているランナーが多い。かなり疲労困憊cryingの様子でトボトボ歩いている人もいたが、大丈夫、歩いても余裕でゴールできますよ。watch
 同じような景色の道を淡々と進み、85k標識を過ぎても、それらしい建物が見つからず、なお、キョロキョロしながら川沿いの道を進んでいくと、橋の辺りに人だかりがしている。何組もの家族が応援に出てくれていた。
 その中の、幼稚園くらいの小さな姉弟が、若いお母さんに促がされてランナーに声をかけようとしているのが見えた。chick 僕の前のランナーには、恥ずかしくて bleah 声をかけられない様子だったので、こちらから 「応援ありがとね~cherry」 と声をかけて手を振ったら、「頑張ってくだちゃいheart02」 と天使の笑顔を返してくれた confident 。  通り過ぎるときに、お母さんが、「shineすみません、ありがとうございます。頑張ってくださいshine」と声援してくれた。 こちらこそ、応援ありがとうございます。happy01 
 橋の前を左折して、路地のような小道を二、三回と白線の誘導で曲がると、公民館の庭みたいな場所に出た。ここが、川上村多目的ホールだった。hotel

 ここを、2回目のトランジット場所に指定し、着替えやテーピング用品などを預けておいたのだが、まだ15時前で陽も高く、とくに故障した箇所もないので、着替えはせずに補給 fastfood だけすることにした。
 「うどん食べていかな~い?」とエイドの婦人会のお姉さま方に声を掛けられたので、「お願いしま~す」と応え、出来上がるまでの間に、オレンジやイチゴ、葡萄、梅干などを食べ、レモンティーやココアcafeを飲んだ。椅子に座って出来立てのうどんをゆっくり食べながら noodle、残り時間を計算。clock
 下りの激走downwardrightairplaneで、目標タイムまでの貯金が1時間以上scissors。最終関門に至っては、残り4時間もある。scissorsscissors  「あと13k。7分ペースで走れば11時間半が見えてくるな~flair」と思ったが、最後の10kくらいから、もう一度辛い登りが待ってるという話を思い出し sad 、「登り坂は歩いて foot、走りたいところだけ走ろう horse 」と冷静に判断する。japanesetea
 欲を言えば、全工程の平均ペースが7分となる、11時間40分くらいでゴールできたらすごいな~と漠然と思っていた。
 うどんを食べている隣で、若いお兄ちゃんが年上の女性ランナーに、「あとは、手足を動かしてれば勝手にゴールに着きますよ!」とアドバイスしていて、思わず苦笑してしまった。
 「アクシデントがなければ歩いても余裕で完走できる」この気持ちの余裕は大きかった。

(87k川上村…予定::11時間10分 実際:10時間04分 休憩時間:5分  区間平均:5'15)

【~90k地点 最後の難関へ】

 多目的ホールを出ると、車道の端を、車に気をつけながら走った。独立した歩道が用意されているわけでもないので、側溝の蓋の上のような所を選んで走るしかなかった。
 先行ランナーをたまにパスしたが、皆さん、無理せず淡々とゴールを目指しているという背中だ。これまでの風景とは違って、普通の街中の光景が続く。前方にほとんど誰も走っていないので、この道で合ってるのか時々不安になる。路肩に停車中の宅配便の車を避けたり、後ろから来る車を除けて路肩に寄ったりしながら、平坦な道をトコトコと進む。
 2キロほど走ると、民家の塀に腰掛けた兄妹が、ハイタッチを求めてきたので応じると、「お兄ちゃん、サンタ知らない?」と尋ねられたsweat02  例年、サンタの仮装をして、pouchの中のぬいぐるみを沿道の子供たちに配りながら走るランナーがいるという話をWebで読んだことがあった。  「サンタさ~ん、子供が待ってますよ~!早くpresentを渡してくださいね~」と願いつつ、さらに進んでいくと、今度は、歩道をこちらに向かって歩いてくる、今時の遊び人風の二人組が目に入ったsweat01
 「俺が道を譲るべきか、はたまたサングラスに乗じてこのまま正面突破をするか?」と思案していると、二人組が脇に寄って、「お疲れです!頑張ってください!」と応援してくれた。 予想外のご声援、ありがとうございました。 「川上村、アイシテルゼ!」karaokegood

 やがて、街中から離れて畑が多くなってくると、左手に折れ、再び登り坂が始まった。いよいよこれが最後の試練か。登り勾配の途中に五,六人のランナーが歩いたり走ったりしているのが見える。自分も、ゆっくりと走って登っていくと、それまで歩いていた最後尾のランナーが振り返って、慌てて走り始めた。一瞬追い掛けようかと思ったが、結構な上り坂なので、ウォークに切替えた。すぐに90k計測ポイントを通過。テントがあってスタッフがいると、ついついエイドだと思ってしまうが、ただの計測ポイントだった。でも、「お疲れ様です。あと10kです。」と声をかけてもらえるだけでありがたい。Nobe90k

 (90k地点…予定::11時間34分 実際:10時間22分   区間平均:6'05)

danger 深夜になって回線が激重ですbomb  本日は、ここまででおやすみなさいsleepy ~

 うさ吉、一体どこまで引っ張るんだ!  今度こそフィナーレなのか?   
~ 次号、(疑心暗鬼の) 「野辺山ウルトラ レース本番 四の巻」へ 続く ~

« 野辺山ウルトラ レース本番 弐の巻 | トップページ | 野辺山ウルトラ レース本番 四の巻 »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/41329078

この記事へのトラックバック一覧です: 野辺山ウルトラ レース本番 参の巻:

« 野辺山ウルトラ レース本番 弐の巻 | トップページ | 野辺山ウルトラ レース本番 四の巻 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影