« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

洗濯!洗濯!洗濯!

なんか、夕べからのアクセス数が猛烈なことになっとります! OSJ志賀野反恐るべし…。本当は、1日も早く完全版完走記をまとめたいんですが、昨日のレースウェアの洗濯が…。

夕べも、泥おとしと靴洗いでヘトヘト。今朝も5時起きで洗濯機フル回転。今夜もザックを洗って窓の外にぶら~ん。(弐号もお疲れ様!)

え~と…もうしばらくお待ちください。tv

とりあえず、初レースだったんですが、怪我しなくて良かったよ、ホント。
事前に天気の良い日に試走していただけに、当日の眺望ゼロは残念でした。梅雨が明けたら、野反湖コースにも足伸ばしてみるかな~。
 全体の順位も一応気になるところではありますな。トレイルレースでの自分のポジションはどんなもんなんだろうか?秋には菅平にも出るし…。(こっちは、かなり走れるコースのような気がする!) 

今日1日、日頃と違う筋肉が結構痛かったな~。ランニングのジャンルじゃなかったもんね…。

志賀野反トレイル速報 ~地獄からの生還

本日、志賀野反トレイルレースが終了しました。とりあえず、速報のみお知らせします。
 夜半からの雨で、コンディション最悪。登山道は濁流状態ということで、急遽、40Kの部は26k弱にコース変更となりました。志賀-野反まででゴール。(本来は、そこから野反湖を見下ろす稜線15kの1周がさらに予定されていた…)
 スタート時から、終日土砂降り。気温は13℃くらい? 2000m超の山の上は、強風もあって体感10℃くらいじゃなかったのかな?
 コースは、一言で言うと、ベトナム戦争を彷彿させる凄まじさ。もしくは、アマゾンの奥地に巨大ピラニアを捜し求める川口浩探検隊一行という感じ。shock まさか、膝より上まで沈み込む沼の中を駆けずりまわることになろうとは…。しかも、水底の淵に足をとられて、頭からピートローズばりのダイビングをすることも数回。急坂を駆け下りていたはずが、泥で滑るために大転倒し、尻で濁流下りをする羽目になること十数回…。本当に生きて帰ってこれて良かったです。(←実感)
 で、結果です。当初予想を若干上回り、5時間22分ほどでゴールしました。正式タイムも順位も不明。おまけに、ゴールしても風呂があるわけでもなく、トイレの水道につないだホースで頭から水を被って泥落としただけ。(雨の中、歯をガチガチ鳴らして震えながら30分待った末のこと…)

さらに、雨量が100mmを超えて道路が閉鎖になり、志賀に戻るバスが2時間遅れ。さきほど、ようやく自宅に戻って、泥だらけのウェアや靴を最低限の処置だけしました。(トレイルシューズ、殉職…。ネマガリダケの切り株が刺さった模様。2箇所に大穴。合掌 weep

 まだやること一杯あるんですけど、もう限界。疲れた。寝ます。
 詳細は、後日。おやすみなさい。

熊さんに告ぐ

いよいよレース前日だ! 今日はまだ天気がいいぞ~。夜から雨だけどね… weep
明日の一ノ瀬の天気予報ですが、6:00で20℃、日中でも23℃。標高差500mとして、ほぼ一日20℃くらいと思ってればいいんじゃないですかね? 一日中、弱雨ですが、正午前後は風が強まりそうですよ。スタート地点付近で、南の風6mだそうです。rain

さきほど、荷造り完了しました! 雨前提の装備となっとります。sprinkle

皆さん、完走目指して頑張りましょう!scissors

最後に一言…karaoke

「熊さんに告ぐ! 
 明日は志賀から600名のM男とM子がお住まいの傍を走ることになる。
 速い奴、遅い奴、泣いてる奴、いろいろいるだろう。
 一言だけ言っておく。
 全員、高カロリーの行動食を背負って、登山道を一列で進んでいると思うが、
 我々は回転寿司ではない! 
 くれぐれもバイキングと勘違いしないでもらいたい! 
   今夜は震えて眠れ!  (…あ、俺のほうか?)   以上」

日本陸上選手権、オモロ~!

 なんと、花金のゴールデンタイム tv に、NHKで日本陸上選手権の生中継が! happy02  さすがオリンピック直前だけありますね~。自分が高校生の頃は、陸上で全国大会まで行ってもほとんど誰にも話題にされなかったもんね…。そのくせ、県大会予選程度で野球部が寄付金集めに来たりして、「ざけんなよ angry 」って感じでした。 全国の学生アスリート諸君!頑張ってくれたまえ。sports

 さて、本日の決勝種目ですが、まず、400mHの為末! い.き.な.り、キタ~! happy02 ヽ(^o^)丿  いや~男だね! 天晴れ!サムライ魂~sign01  本番までに体調戻るといいね~。 俺も頑張るよ! (成迫君、チャンスだったのにねsweat02

 続いての注目は、女子10000mnote 渋井にも笑顔を見せて欲しいし、ママさんランナー赤羽のブログも毎日楽しみにしてるし、福士には、あのマラソン大失速のままでは終わって欲しくなかったし(ほとんど自分の初マラソンを見てる心境でした… bearing ) 
 いや~、この3人の死闘は見応えありましたわ。 よ!名勝負。
 結果は、渋井が僅差で1位、赤羽が2位。ちょっと遅れて福士が3位でしたが、全員A標準突破してて、出場枠3人でしょ。是非この3人で北京で頑張って欲しいぞ。あらためて、「 俺も週末は頑張る good

 志賀野反の本番前に、いいモノを拝見しました。天気悪くて downになりがちでしたが、自分のモチベーションも急上昇っすup。 シングルトラックに入る前に、そこそこのポジションを確保しちゃおっかな~horse   さ~って、荷造りしよ~っとheart

土手と水シャワーと私

昨日の帰宅ランの疲労を今朝まで引きずってしまった。
商業地域 bank hotel 24hours の舗道の硬さが、走るのには向いていないような気がするのだ。いろんな幾何学模様のパターンが埋め込んであったり、御影石ばりの硬いツルツルした表面だったり…。走って疲れる歩道って、歩いても脚に優しくないんじゃないかな~?

 というわけで、今朝のトレーニングは、固まった足首をほぐすのと、疲労抜きの目的で、千曲川の支流である浅川の未舗装の土手道を、6分半ペースで新幹線基地まで往復した。道の一部は舗装されてるが、わざわざ路肩の背丈の伸びた雑草の中をゆっくり走る。ソックスには、雑草の種が一杯くっつくが、まあよいではないか。clover

 夜に走って、翌朝も走ると、結構身体に応えるんだよね~。
 45分ほど走って、一通りクールダウンの体操をしたあとは、水シャワーで脚の温度を下げてやります。penguin 足底からアキレス腱、足首、ふくらはぎ、膝、大腿四等筋、ハムストリング、という順番で冷やし、今度は同じ順序でお湯をかけて暖めます。 spa
 これを2~3回繰り返すと、血行がよくなって疲労物質が早く除去されます。 bud

もう夏至を過ぎたので、水シャワーをかけても飛び上がらなくなりました。よかった。

 ところで、週末の志賀野反ですが、天気予報良くないですね…。降水確率70%sweat02  一応、「曇り時々雨」にはなってるけど、標高2000mだしな…。 お山の洗礼、心配です。

帰宅ラン Part3 ~そんなに飛ばしていいんかい編

毎度!
 今月に入って3回目の帰宅ランです。コースはいつもと同じ、長野駅発、湯谷経由自宅まで。但し、ザックの中には、TSUTAYAに返却するDVDとCDが数枚入っているところが目新しいです。coldsweats01

 本日は、弐号も帰宅ランをするということで、あわよくば追いつくかと思ってターボdashかけましたが、無理でした。スタート時刻で15分のハンディに加え、距離のハンディも1.8kということで、9k足らずの距離では厳しかったっす。(さらに、DVDの返却もしていたので…)

 志賀野反の本番4日前で、本来ならば調整している時期なんですが、気が付くと、5k通過タイムが19分…(なんか、速くね?)。信号にも軒並み引っかかっていたので、ダッシュ&ストップの繰り返しで、結構脚に負担かかってます。トータルで、41分。キロ4分半ペースでございました…。阿呆か…punch
頭の中で、ディープパープルがBGMだったのがマズかったな…。次は、「王様」くらいにしておこっと。think

 「ミサトさん、なんて言うかな~…」 「ちょっち速過ぎたかもね~note
 「シンジ…お前には失望した…帰れ! angry」  (←すみませ~んsweat01 怒涛の時間差攻撃で、なぜか今頃マイブームなので…)

 碇指令がお怒りなので、念入りにストレッチしてから寝ま~す。(ちょ~サブ penguin snow

…シンクロ率 -15%に低下!  初号機、活動停止wrench

朝飯前のトレイルサーキット

梅雨の晴れ間ということで、早朝から、裏山の高台にある病院~女子短大~公園周辺のコースを組み合わせて、プチトレイルサーキットを走りました。レース前なので、控えめにしてあります。

 まずは、斜度18度の上り坂230mを、なるべく走って登りますupwardright。 心肺機能がMAXです。coldsweats02  
 小路の両側に野イチゴcherry が実をつけてました。自分でハーハーセーゼーする声がよく聴こえました。登りきったら、しばらく舗装路を走って、今度は丸太階段(ヤルタ会談みたいだ…)を駆け下ります。downwardright  700mほど走って元の坂道に戻り、もう一度18度の坂を登ります。upwardright  さっきよりも多少楽になった気がする。notes
 丸太階段を通り過ぎ、森林公園内のコースを1周。途中、砂地もあります。散歩中のお年寄り集団と朝の挨拶を交わしつつ、長野市街が見渡せる市民プールの傍まで戻ったら、今度は森の中のトレイルを駆け下り、downwardrightさっきの丸太階段を駆け上ります。upwardright  もう一度トレイルを駆け下りて downwardright 、高台の団地の中を抜けて、無事帰還。

 時間にして、朝飯前の40分ちょいでした。距離は5.3Kと短いですが、バラエティに富んだなかなか楽しいサーキットでございました。happy01   最後は、腕立て、スクワット、カーフレイズを20回×2回やって終了。 シャワーを浴びて、いざ出勤! 行ってきま~す。

OSJ志賀野反の皮算用

ロードから山に入った(というか、入ろうとしている)自分にとって、目下とっても苦戦しているのが、当日のペース配分をどうするか、ということであります。flag
 ロードならば、多少の起伏があっても、「どこからどこまでを、キロ何分ペースで」という計算が立つんですが、山の場合って、難しいですよね~。wobbly

 日夜、諜報活動に専念している風忍一族の情報局長(=弐号)の調べによると、登山地図に掲載されてる所要時間に係数を掛けて算出するのが一般的らしい…。なるほど、理にかなっておるわい。flair  (←すみませ~ん、本番の1週間前にこんなことに感心してま~すsweat02

 で、早速、奇特な方がWEBに数値を掲載していらっしゃったので、前回試走時の実データと照らし合わせながら作成してみました。

  1. 一瀬      10分 (スタート地点が曖昧なので、仮に高天原スキー場のリフト前)
  2. アライタ沢(小三郎小屋) 30分
  3. ノッキリ   47分
  4. 寺小屋峰(金山沢の頭)  45分 …試走したのはここまで
  5. 赤石山  40分
  6. ダン沢の頭 30分
  7. オッタテ峠 21分
  8. 大高山  38分
  9. 高沢山  36分
  10. 三壁山  18分
  11. 野反湖ロッジ(関門)  25分 …5時間40分
  12. 弁天山  46分
  13. 野反峠  18分
  14. 八間山  44分
  15. 堂岩山  54分
  16. 地蔵峠  42分
  17. 野反湖ロッジ(ゴール)  27分 …9時間31分

 う~ん、どうなんでしょう? 妥当なのか否か、全くわかりません。ただ、試走した寺小屋峰までのペースを考えると、少なくとも前半はこんな感じではいけるのではないかと…。
(甘いかな…。coldsweats01)  いくらなんでも、+2時間はかからないだろう。(…本当かな?sweat02 実は、相当に不安…sweat01

 ま、とにかく、百聞は一見にしかず。妥当性の検証は1週間後に! smile

追伸:「無理!無理!」と思ってる方、大勢いるんだろうな~。ここはひとつ、長~い目で見てやってくださいね。(← この子は、褒められて伸びるタイプです~)
  よろぴく penguin

雨の早朝林道ラン

ようやく梅雨らしくなってきましたね。
昨日の日中は、天気予報を裏切って暑い1日でしたが、夕べから今朝まではかなりまとまった雨が降りました。typhoon

 しかし、今日は、OSJ志賀野反トレイルレース前の最後の週末です。降っても降らなくても山で調整ランをすることに決めてました。motorsports  4時頃まではザーザーrainと音がしてましたが、5時にはかなり小ぶりになったので sprinkle、 決行。 昨日、トレマンさんのお店で購入したザックカバーを使ってみようかとも思いましたが、晴れ間が出てきたので止めて、ボトルホルダーだけ腰につけて出発。今日のコースは、お馴染みの三登山トレッキングコースです。

 ここ数日、朝から20度近い気温で、雨上がりのせいで一層蒸し暑く、すぐに喉が乾きます。2kほど走って準備体操をした時点で、すでに汗だくでした。 そのまま山道に向かって北上しますが、雲と霧で山頂が煙って見えない状態でした。

 急勾配になって、林道に入る少し手前で最初の休憩。この頃から、再び雨脚が強くなってきましたが、すでに汗で全身濡れているので、大して気になりません。 弐号に、「帽子から湯気が出てるよ~」と笑われるほど、体温は上昇しています。

 林道に入ると、今日はやけに立派な蜘蛛の巣が目立ちます。時々かわしきれずに、顔や腕に張り付きます。雨降りが多くなって、山に入る人間が減ってきたということでしょうかね? また、道はそれほどぬかるんではいませんでしたが、踝の上まで丈のある草が雨をたっぷり吸い込んでいるため、いつのまにかシューズの中までびっしょりです。ショートスパッツを忘れてきたことを後悔しました。(本番では必須アイテムだな)

 山を登りきって下り勾配に入ると、多少晴れ間も出てきて、気分よく木立の間を駆け抜けます。もう6月下旬だというのに、鶯が元気に鳴いてました。chick 本日は最終調整なので、あまり厳しい山道には踏み込まず、2時間弱で下界に降りてきました。天気もすっかり回復し、8時前にはもう陽が差して暑くなり始めていました。今日のトレーニングは16k少々。平均心拍数が119と、かなり余裕の内容でした。heart01

 入浴、朝食riceball、洗濯を済ませ、トレマンさんに置いてない当日の備品(クエン酸サプリのフリーダムやシリアルバー等)の調達に、スポーツDEPOに出かけました。rvcar
 すると、CW-XやNewBalanceの臨時ブースが出来ていて、メーカのアドバイザーさんとしばらくお話を。(「野辺山にも販売で行ってましたよ~」とか、「毎年長野マラソンに出場してるけど、あと少しで3時間30分が切れないんですよね~」というようなお話を聞かせてもらいました。「煙草やめてから記録が伸びないんです~coldsweats02」とも嘆いてました…。 あ、そう言えば、今日はサロマもありましたね!) 
 するとそこへ、スケルトン日本代表の越和宏選手がお客さんとして登場 happy02。 自分と喋ってたアドバイザーさんと知り合いなんだそうです。 CW-X以外のメーカー(SKINSじゃないよ…)のコンプレッション系ハイソックス等も置いてありましたが、お値段4000円はちょっと高いかな~。で、見送り。 弐号も、CW-XのスタビライクスをSかMかで悩んでましたが(サイズの話ですよ、もちろん coldsweats01 ) 今穿いてる4DMのセミロング版と比べてから決めたいということで、迷った挙句に今日は見送り。 最後に、ドラッグストアで、塩飴や梅干飴を購入して帰宅しました。

 で、恒例の beer 昼ビール beer  shineで 乾杯!「アタックチャ~ンスsign01」を観ながら、冷奴つまんで、鰻の太巻き食べて、キュウリにオイキムチを挟んで、「ルネッサ~ンス wine bell」と幸せな午後を過ごしました。

   おしまいpaper

メディカルイリュージョン

レース1週間前なので、早めに体調を戻そうと、昨日の会社帰りに病院hospitalへ行った。

目的地のクリニックは隣の駅で、受付終了時間が18:00。定時退社で、その駅に着くのが17:52。駅に着いて、ダッシュdashで2階まで駆け上がり、17:55に飛び込んで診てもらった。

「リンパ腺が腫れてますね」という診断で、処方箋を書いてもらい、再びダッシュで駅へ。
なんと、18:04発の快速に乗れた。「空いててよかった!coldsweats01

長野駅での乗換え時間が15分あるけど、マツキヨは処方じゃないしな…と携帯で薬局を探すと、東口徒歩2分の場所に発見! 外は雨が降りはじめてたが、電車到着と同時に階段を駆け上がり、駆け下り、目的地の薬局へ。

「時間かかりますかね?」と聞くと、「初めての人だから10分くらいかな」という返事。電車を一本逃すと30分は間が空くが、勝負をかけて処方を依頼。
 待つこと12分で薬を受け取り、再び駅へダッシュdash この時点でtrain発車時刻まで1分clock
 階段を駆け上がって、改札抜けてホームまで駆け下りて、ギリギリセーフ happy02  間に合いました。

 背中で息をしながら、過ぎ行く車窓を眺め、思いました。

「俺は、すでに病人じゃないな…」

 おかげさまで、今朝は雨上がりのロードを15k走れる程度に回復しました。good

満身創痍

2~3日前から、全身がだるい。関節も痛むし、とくに、首のリンパ腺がはれてる感じ。感覚的には、首が2倍くらい太くなったようで、首を回すのに抵抗がある。そういえば、喉も若干ひりひりする。
 走り込みの時期は、いつも結構疲労感はあるので気にしなかったが、そういえば、先週くらいから、職場でも、マスクマンや欠勤する人が数名いた。巷で風邪の一種みたいなのが流行ってるんだろう。週末のトレイルダブルヘッダーで体力が低下しているところに、暑かったり寒かったりで身体のバランスを崩したようだ…。
 一昨日の夜も、寝ている間に汗をびっしょりかいて、パジャマを絞ったらジャージャーとなるくらい。もともと、チンチン電車train が出発、じゃなくて、新陳代謝が活発なので、発汗量は多いのだが、熱があったりすると、布団が使用不能になるくらいに汗をかく。(アレ、汗だよね、たぶん…sweat02
 それでも、毎朝5時にはパッチリ目が覚めるので clock、自動的に着替えて走りに行ってしまう。昨日も、だるいな~と思いつつ、控えめに5kJog+補強をしてしまった。(走り出すと調子いいんだよね~)

 昨日の会社帰りに、マツキヨでちょっと高めのドリンク剤を購入して飲んだ。また、打撲した両膝も相当痛みがひどいので、冷湿布をしてサポータで固定した。 
 夕べは、汗もかかずにぐっすり眠れた。今朝は、本格的な梅雨に突入する前の貴重な曇り空だったが、ストレッチだけして走りは封印。レースまで10日を切ったので、無理をせず、疲労抜き優先で休養することにした。でも、相変わらず首のリンパ腺は腫れてる感じがするな…。

 首の回らない繋がりで、一言。一昨日、住民税の通知が届いた。昨日は、国保の通知が来た。(うさ吉は、フリーの電脳系お庭番なので、毎年、自分で確定申告しております)

 なんと、両方とも、去年の2倍以上なんですけど! 
「せ~の、ドン! さらに倍sign03  篠沢教授に2000点scissors 」とか冗談言ってる場合じゃね~んだよ。annoy
 確定申告時の資料と、送られてきた計算の基礎データを比較してみると、税率が2倍になって定率減税も廃止されてるから、そりゃ2倍以上になるわな…。所得税が軽くなった分の数倍、負担が増えたぞ、おい。

 向こう6ヶ月の資金繰表を早速修整したところ、やばい、8月末に500円赤字になる。
早速、補正予算を組みなおし、さきほど衆院を通過しました。cat チャイナ系投信の積立て、1本解約します。dollar

 必要なものはキチンと払いますけど、ちゃんと将来的な展望に基づいて運営してね~。選挙の前だけ甘いこと言うのもやめてね~。プロとしてのプライドを持って、倫理観を持ってお仕事してね~。

よろしく。

OSJ志賀野反 最終案内到着

昨夜、帰宅すると、「OSJ志賀野反トレイルレース」の最終案内が届いていた。
40kレースに出場するので、関門は25kの野反湖ロッジ。ここを7時間で通過しないとアウトです。また、この地点で6時間経過していると、荷物チェックでライト類を持参していないと失格になるそうです。

 いや~ロードレースやウルトラマラソンしか経験していない自分にとっては、とっても新鮮です。途中の給水所は、もちろん水しかありません。それも数箇所くらい。
 水や食料は自分でザックにつめて走る、というのが大前提なわけです。

弐号は、「25kでリタイアかも bearing 」とびびってますが、ヤツは野辺山前の試走でも、「10年早かった…」と泣き言を言いながら、終わってみれば入賞をかっさらったヤツなので、侮れない。「忍法 袋返しの術」を完全にマスターしている。

 心配なのは、今日の午後から本格的に梅雨空になちゃうことですね。週末は、雨のトレイルを練習するかな~。 

ソフトバレー

地域のスポーツ大会が来月開催されるということで、お隣の役員さんに泣きつかれて、弐号と一緒にソフトバレーに出場することになってしまっている…。試合は、OSJ志賀野反トレイルの翌週の日曜日。しかも、その翌週には北軽井沢のハーフマラソンが控えているというのに…。

 で、本日は、ソフトバレーの練習日だった。会社帰りに駅前のマックで軽食を食べ、(というつもりだったが女子高生30名の行列に圧倒され、隣の定食屋へ…)帰宅して速攻で着替えて近くの小学校の体育館へ。

…2時間ほどボールと戯れて、やっと帰宅しました。レシーブする際に張り切りすぎて、膝や肘が打撲状態っす。インドメタシンを塗りこんだら、肘は擦過傷もあって、「ぎゃ~impact」という状態です。
 今日のうさ吉…イナバの白兎に親近感を感じたみたい。

…寝る。 sleepy

OSJ志賀高原コース試走 その3

Siga14  さてさて、あと1.5kくらいでノッキリかな~と思って力を振り絞って進んでいくと、結構な残雪であります。snow

 登山道自体も、雪解け水でかなりぬかるんでおり、シューズはすでに泥だらけです。

スタートしたのが13時前で、すでに1時間は経過しているので、ノッキリに着いたら遅い昼ご飯にしようと思ってました。

Siga15  右が、昼食の様子です。周りはすっかり残雪だらけです。
 ベンチは辛うじて乾いていたので、腰掛けて、コンビニおにぎりやクエン酸サプリなどを補給しました。riceball

 30秒もすると、風で汗が冷えてきて、結構寒かったですね。この辺の標高は2100mくらいだと思います。 ここまでのような急な登りが延々と続くことはないとは言え、この先のコース状況も不安だったので、あまり長居はせずに、先へ進みます。岩菅山を背にして、寺小屋峰へと南下する形になります。

Siga16  

振り返ると、青空に岩菅山が映えます。ロケーションは最高ですよ。 この写真の右側も、群馬方面へ続く山々が目の前に広がっています。(当日をお楽しみに!)

 ここからは、しばらく下りのトレイルが続きます。
 途中、軽いガレ場もあったりして、気持ちのよいトレランが満喫できました。ひゅ~ひゅ~note

 

 何度かアップダウンを繰り返し、ぬかるみや道いっぱいに広がった雪の塊の上を、転ばないように進んでいきます。

Siga17

 最初は、なるべくシューズを汚さないように気をつけていましたが、途中から、だんだんと泥水が染込んできて、シューズも真っ黒になってしまいました。

一旦そうなると、もうあとはあまり汚れは気にせず、少しでも安全そうなポイントを選んで足を運びました。
 下り傾斜での雪塊は、結構怖いですよ。ソリでも持ってきたほうがいいんじゃないですかね coldsweats01

 今日はまだ締まった感じでしたが、あと2週間で溶けるのかな~?

 Siga19_2

寺小屋へ向かう途中で、左手に見える群馬方面の景色です。たぶん、本番では、あの山の辺りを野反湖へ向かって走るのではないかと思われます。

 とにかく抜群の眺望ですよ。晴れて欲しいな~sun

 遅い山桜も咲いてました。あと、足元に高山植物の可愛い花も咲いてましたよclover

Siga18  

で、ときどきこ~んな感じの厳しい登り階段も出現したりして、ノッキリから3k足らずで、寺小屋峰(金山沢の頭)に到着いたしました。

 

 ここで、2回目の昼食タイムriceball
 ここからは、3kほどを高天原スキー場方面へ下って帰ればよいので、ほっと一安心。(実は、下りばかりではなかったけれども)

Siga20 左のような案内板がありました。左から走って来て、まっすぐ進めば高天原へ戻りますが、レース本番では、ここを左に曲がって赤石山へ向かうことになります。

 今回試走してみて、登りの厳しさに気を引き締めました。

最初は8時間くらいを想定してましたが、9時間半に下方修正します。(ちなみに、レースとしてのトレイルは初参加です。)

皆さん、頑張りましょうね~happy02

<おまけ> レースのコースではありませんが、下山途中で、水芭蕉の群生地を通りました。スキー場のゲレンデを駆け下りて、無事帰還できました happy02

Siga25 Siga26

OSJ志賀高原コース試走 その2

Siga7 アライタ沢を渡ると、いきなり目の前に急坂が出現しました! wobbly  「遂に現れやがったか!」という感じです。 ちょうど下ってきた年配のご夫婦が、自分たちの格好を見て、「え? この坂を走って登るの! 凄いね~っ。頂上まで1時間もかからないで行くの? ひゃ~coldsweats01 」 と高めのテンションで反応してくれました。(頂上まで1時間とは一言も言ってませんが…)

 「再来週、レースがあるんで下見に来たんですよ~」と応えると、「へ~頑張ってね!」と励ましていただきました。

で、いざ登り始めた途端、「げ、これじゃ、ファイト~up 一発~impactsign03」 のロケ地じゃねえかよ、と泣きが入る うさ吉でありました…。 果ての見えない登りがず~っと続いているんですよ、延々と…。 それも、ちょっと走るのは厳しそうな急傾斜が…。

Siga8  それでも、「トレーニング dash、トレーニングsweat01 」 と自分を納得させ、なるべく良いペースを心がけて進みはじめたものの、弐号の口数が少なくなり始め、かなり疲労の色が見え始めました。

 こまめに休憩を取り、飴玉を舐めたりしながらなんとか踏ん張ります。 平坦な部分は走りますが、登り坂は呼吸を整えながら基本的に歩き中心としました。

 右のような斜面は、全身を使って這い上がります。(ちょっと弐号を笑わせようと、プリケツを突き出し、ポーズをとるうさ吉の図。「うさるさん」より可愛い? coldsweats01

 しかし、そんな健気な気遣いも、こ~んな登り階段が容赦なくふっ飛ばします。 
 「歩幅を狭めて、腕の振り子でピッチを刻もう!」とアドバイスするうさ吉でしたが、弐号は相当こたえてる様子。 (ま、朝20K走った後だから、無理もないよね)

Siga9

アライタ沢からノッキリまでの中間地点で、とうとう弐号はSiga11殉職寸前の状態に… coldsweats02

 「次の分岐まで、先に行っててもいいよ~weep」 とは言われても、この状態で置いていくのはかなり気が引ける状態でした。

 「俺、最期は天国には行きたいし…」と、弐号の様子を伺いながら、ゆっくりと先へ進みました。 弐号も、少し休憩すれば、すぐに歩けるようにはなるので、やっぱり、登山用の筋力不足なんでしょう。大腿四等筋の辺りを鍛えてやる必要がありそうです。

(今日が本番じゃなくてよかったですわん)

Siga12  まわりの景色は最高でした! 左は、焼額方面を見下ろしたところです。当日もこんなお天気だといいんですけどね~。

頻繁に写真を撮っていたので、その間、よい休憩にもなったようです。

  この右側には、岩菅山の山頂がどど~んと聳え立っています。(写真は明日!)

 下の写真は、樹の根っこでポーズをとる「うさ吉のマドラスさん」。もちろん、これもコース上です。この根っこを乗り越えて先に進まなければなりませんぬ。
 その昔、400mハードラーだったんですけど、この高さを走って越えるのは無理です。3000m障害の選手なら足かけて飛び越せるかも…。(でも無理だな…。)

 ここまで障害物が続々出てくると、かえって気分がハイになってきます。槍でも鉄砲でも持ってこ~い!ってな感じです。 Siga13

走らなくてもよければ、それはそれは楽しい登山コースだと思いました。

この続きはまた明日~paper

OSJ志賀高原コース試走 その1

先週に引き続いて、5時半起床で三登山三角点へトレイルラン。今日は、弐号も一緒。
 途中までのトレッキングコースは何度か一緒に走っているが、ここの本格的なトレイルに足を踏み入れたのは弐号は初めてだった。結構きつかったみたい…。とくに登りは後ろから荒い呼吸音がハーハー聞こえてきたもん。sad でも、普通の林道に戻れば元気に走れていたので、山登り用の筋力がまだ鍛えられていないということでしょうか。 本日は、19.4kを約2時間半かけて走破しました。

 が、しかし、今日はこれだけでは終わりません。impact
帰宅して風呂入って、朝食を済ませた後、再来週に控えたOSJ志賀高原&野反トレイルレースの試走に二人で出かけたのでしたsign03Siga1
 本番と同じように、ザックに水や行動食を詰めて、高天原スキー場~ノッキリ~寺小屋までの本番コースを試走し、そこから東館を経て、再び高天原スキー場へ下るというルートです。ガイドブックには、健脚向きの登山コースとありました。全行程は約12.5k。(たぶん)

 スキー場の公共駐車場に車を停めたのが12時半。そこから、平坦なボードウォークがしばらく続きます。スタートしてから5kくらいはアップダウンが少なく、ウォーミングアップも兼ねて(朝トレの疲れもあるので)控えめに進んでいきます。 ロッジが沢山並んでいるところから、少し山側に入り、一の瀬ファミリーゲレンデを横断してトレイル入口に到着。早速、熊除けの鈴をつけた登山客とすれ違いました。

Siga3 右側に用水路が流れており、木陰の平坦な道を進んでいきます。ところどころ、足元がイレギュラーになっている部分もありますが、全体的には走りやすい道が続きます。ただ、足元ばかり見ていると、横に張り出した樹の枝に頭をぶつけそうになる箇所もいくつかありました。長身の方、ご注意くださいませ。 記録を狙う参加者は、この辺はかなり突っ込んでいくことが予想されます。
 川の水量がかなり多かったです。このあとわかるのですが、かなり雪が残っていて、その雪解け水が流れているものと思われます。

 ここで、本日のうさ吉の装束を紹介します。

Siga4 半袖ジップシャツと、CW-Xセミロングタイツ。SKINSパワースリーブとパワーソックス。雪が残っているという情報が入っていたので、トレイルシューズには、ショートスパッツも装着してきました。 本日の天気は晴sunで、正午過ぎの気温が16度でした。もっと薄着で走る予定でしたが、結構涼しく感じたので、この格好でちょうどいい感じでした。
 背中には、ハイドレーションで2Lの水を入れてます。13k足らずの予定なので、十分でした。(どちらかというと、重量の感覚に慣れる目的が大でした)

「こんな道がずっと続くと楽だね~ happy01 」 と、弐号と軽口を叩きながら進んでいきます。(ま、それではトレイルレースにならないのだけど…)
 しばらく同じような道が続いたあとで、沢に出ました。「武右エ門沢」(ぶえもんざわ)とあります。 今日は、コースの確認がメインなので、あちらこちらでカメラを取り出しては沢山の写真を撮ってきました。
 こうしてみると、なんかサイボーグみたいですね~。
Siga5 実は、時々空を飛びます。今日は調子が悪いですが…。

  この辺りでは、大勢の登山客とすれ違いました。皆さん、岩菅山からの下山途中だったようです。 「こんにちは~」とこちらから挨拶をするんですが、何人かには無視されちゃいました…。
 挨拶くらいしましょうよ、ねえ。sweat02
 

ここからアライタ沢までは、楽しく走ることができました。大体4.8k地点あたりまででしたかね。笑顔で楽しくハイキング気分で過ごせたのは…。danger

 それから先の「どひゃ~bomb」「マジ?」「うひょ~shock」という…展開は、また明日。
それでは、おやすみなさい。sleepy

野辺山ウルトラ ~記録証届いた

昨夜、野辺山の記録証が届きました。10k毎の正式タイムと順位が載っているということで、心待ちにしていたものです。happy02
 自分は、30kまでは風忍弐号とほとんど同タイムでした。35kの「稲子の湯」で別れてからペースアップしたわけですが、順位を見ると、どんどん順番が上がっていってるのがわかります。こりゃ、楽しかったわけだ。気持ちのいいレースって、こういう尻上がり型の展開なんだよね。

  • 10k   1:03:08  454位(432位)  … 順位は、男女100K出場選手中。()内は男子
  • 20k   2:13:58  396位 (376位)
  • 30k   3:19:07  371位 (353位)
  • 40k   4:20:22  308位 (292位)
  • 50k   5:21:23  285位 (268位)
  • 60k   6:36:29  232位 (215位)
  • 70k   7:54:27  219位 (203位)
  • 80k   9:22:23  174位 (161位)
  • 90k 10:21:08  151位 (138位)
  • 100k 11:34:22 143位 (131位)

 同封されていた記録集には、DNFの方も含めて、各距離の全出場者の上記記録が掲載されていました。 いや~これは面白いっす。今朝から、もう3時間も眺めてます。coldsweats01
 Kirokusyo すごいペースで突っ込んで、50Kから記録のない人(=DNF)や、淡々と同じペースをキープしている人など、さまざまなレース展開が読み取れます。 ゼッケン番号でAllSportsのサイトで写真を検索して、「あ~このランナー覚えてる!」「あの人、トレイルで俺の前を飛ばしてたけど、50kでリタイアしちゃったんだ…」「来年は、このお姉さんには勝つ!scissors」 「上位選手は、馬越峠をどのくらいのペースで走ったんだ?」 などなど。

 尚、当日の気象条件ですが、野辺山付近で、最低6.4度 最高16.4度 だったそうです。但し、標高が上がれば気温は下がるので、前半のトレイルは、もっと気温が低かったはずですね。 ちなみに、100kの完走率は、男子68.14% 女子55.77%で、合計すると 66.92% でした。ほぼ3人に1人がDNFだったわけか…。think

 来年は11時間切りに挑戦するんだ~! sun

帰宅ランPart2 ~湯の町エレジー編

今朝、目を覚ますとすでに5時40分だった。「あ~寝坊しちゃったよ…」というわけで、腹筋・背筋・腕立・スクワット・カーフレイズを20回×2だけやって、今朝のトレーニングは終わり。
 で、本日も帰宅ランを実施。コースは一昨日と同じ、長野駅~長野高校~湯谷~檀田~徳間~自宅の約9k。 
前回は、28度という高温の中をSKINSロングタイツにトレイルランパンツの重ね穿きという、かなり辛いスタイルだった。 そこで、本日は、CW-Xセミロングタイツを持参。電車の中でジャージを脱いで、スタンバイOK。本日の最高気温は21度ということもあり、ナイスな夕闇ランとなった。

 市内中心部から長野高校~湯谷までは、だらだらと登りが続くが、右折して檀田~徳間までは、緩い下り坂でスピードがアップする。
 途中から、パチンコ帰り風のステテコおじさんの自転車と併走し、抜きつ抜かれつしながら道中を楽しんだ。おじさんは、下り坂なので自転車のペダルに足をかけているだけ。涼しい顔で、「伊豆の山々~note」と鼻歌を歌っている。ステテコに腹巻をして、頭は禿げてる。加藤茶か? それとも バカボンのパパか? でも、速い。自分のGPSは、3分50秒のペースを指しているが、それでも時々自転車に先に行かれてしまう。
「くそ~負けないもんね~」と、プチ本気になり、ついに振り切りました!happy01 アスリートがステテコに負けていいわけはないのだ。これでいいのだ。

 本日の記録。44分50秒。ほぼ5分ペースでした。予定よりは頑張りすぎかも。coldsweats01

 ところで、気になっていた、おじさんの鼻歌、さっきWEBで調べました。
 その名も spa「湯の町エレジー」spa 。 おじさん、いい味出てたよ。

たまねぎ玉ちゃん

Sa3a0003 今朝、8kほど走って来て、自宅前で汗だくで整理体操をしていると、「これ持っていきな!」と近所に住む大家さんが玉ねぎを袋一杯くれました。coldsweats01
 たった今、大家さんが畑で収穫したばかりの玉ねぎです。shine
 「いつもすみませ~ん。ご馳走様で~すhappy01 」と両手に抱えて玄関先へ運びました。bus

 うちの大家さんは、この近所に田んぼや畑を沢山持っていて、収穫の時期になると、ときどきお裾分けをしてくれます。bleah
 風忍一族は、大体、朝5時~6時半くらいがトレーニング時間なので、大家さんの朝の野良仕事と時間帯がビンゴcute なわけです。
 うさ吉、実は、カレーやBBQや串カツなんかの火の通った玉ねぎは食べられるんですが、サラダに入ってるような生の玉ねぎは若干苦手であります。coldsweats02
 しかし、この大量の玉ねぎを美味しく短期間にいただくためには、弐号の前頭葉を200%フル回転させた、玉ねぎフルコースディナーへのご招待を受けなければなりませぬ。

 で、早速、今夜は、オニオンスライスに鰹節をかけて、お醤油でいただきました。新鮮だから美味しゅうございました。
(但し,お皿は一人前だけ。あっしは、「大家さん、ありがとうsweat01」の気持ちを込めて、二口、三口ほど挑戦しただけ… bleah

 しか~し、今度、apple を頂いた暁には、率先して毎日2個ずつ噛り付くことをここにお誓い申し上げます。punch

ちなみに、本日のリンゴちゃんの様子は、やっとこさ「梅」くらいの大きさになったばかりでした。 早く大きくなってね~ happy02

帰宅ラン

昨夜、大雨rain の影響で電車 train がストップした。帰宅に疲れたのか、今朝起きても走る気にならず、ストレッチのみ。 そのかわり、帰宅ランをすることにした。

200806102 急いでザックを準備し、財布や携帯、定期券、文庫本などをビニール袋に包んで突っ込む。 荷物が増えるのは避けたいので、ランニングスタイルのままで出勤することにした。(出勤すれば制服に着替えるので、問題なし)
 ←こんな格好で通勤電車に乗り込んだわけだが、どうみても仕事に行く格好じゃないよね…。coldsweats01

今日は暑かったね。28度くらいあったみたい。sun
現在の職場は、自宅から40K近く離れているので、全行程を走って帰るのは平日は無理。 長野駅から自宅までの10K弱を走って帰ることにした。

 帰宅ランは、今年3回目。今までは、祭日に出勤した際のランだったが、今日は平日。駅前を18:15出発だったが、結構人通りが多かった。
penguinpenguinsnailsnailpigpig

 ハイドレーションで給水しながら、長野大通りを北上し、長野高校-湯谷を経由して、徳間を回って帰宅。約9kを47分だった。20080610 まあまあのペースかな。 後半は4分半くらいで疾走してたと思う。

 帰って、速攻で風呂入りました。このところビールbeerをかなり飲んでいるので、今日はやめておこう。

 今夜はぐっすり眠れそう。sleepy
(実は、いつでもぐっすり寝ています happy01 )

 梅雨入りしたけど、明日も天気よさそう! 明日の朝も走りますよ~bell

ロード21K

今朝は、ちょっと寝坊して5時半起床。clock
昨夜からWinXPのSP3をインストールし始めたのだが、PCの台数が多くて一晩放置したまま寝てしまった。残りのPC数台にダウンロードだけさせて、やりっ放しでトレーニングへ出かけた。

本日は、久しぶりにロードで21キロ。この時期の天敵は、りんご畑の消毒作業(頭から消毒液を浴びせられる)だが、幸い今朝はニアミスもなく、shine綺麗な身体shine でトレーニングを全うできた。アップ、ダウンを含めて5分20秒ペースくらい。
トレイルに比べると、脚への負担の大きさがよくわかる。風呂から出たあとは、一日中、SKINSのサポートタイツを着用してた。

だんだん天気が悪くなるという予報だったが、暑くてよく晴れた1日だった。sun
弐号は会社の同僚とゴルフgolfへ行った。従って、朝・昼・晩と、一人でお食事いたしました。riceball
もちろん昼ビールbeer+夜ビールbeer

山麓道トレイル

明日は天気が下り坂ということで、予定を変更して山トレを本日実施。
5時起床で、5時半出発。弐号は出勤日なので、土曜日はいつも一人旅だ。Mito00

今日の目的地は、三登山の三角点。頂上にアンテナがいくつか立っているのが頂上だ。
 自宅から6~7キロは舗装路だが、山に向かってどんどん上っていくと、トレッキングコースに入る。山に入る直前で農作業の人をみかける以外、ほとんど誰にも会うことはない。


 最初の頃は、結構息切れしていたが、この頃は身体が慣れてきて、ずいぶん楽に登れるようになった。

 しばらく進むと、未舗装路に入る。とは言っても、砂利道が続くだけなのでたいしたことはない。
Mito01 まだ早朝6時前なので、小鳥の鳴き声が響き渡る。天然のBGMを独り占めだ。田舎暮らしならではの贅沢ですね。chick

 このコースで走っていたので、野辺山100Kの前半のトレイルコースはすんなり溶け込めた。

 しばらく上り坂が続いた後、突然大きな産廃施設が現れる。周りの風景とアンマッチなこと、このうえない。平日の日中はダンプカーが通るのであろう、そのへんから一部舗装路が現れ始める。
 ただ、道の両側は落ち葉や木の枝などが積もっており、足には優しいのがせめてもの救いである。

 緩いアップダウンが続く。下り坂では、気持ちよく走っていると、いつのまにか4分台のペースになっていることもある。

Mito02_2
 森の中は、いいですよ。 
 普段の生活でストレスに感じていることや、angry はらわたが煮えくり返るようなことがあっても、穏やかな清澄な気持ちに戻してくれます。Mito03
 お散歩だけでもお奨めします。confident

 さて、普段は、この山麓道を最後まで走って折り返すのだが、今日の目的はトレイルランだ。いわゆる、けもの道。
 一応、小路にはなっているが、目印のリボンがなければわからないような箇所も稀にある。Mito05また、走れる傾斜もあるが、そうでない部分も多い。
Mito06 その際は、素直に歩いて登るだけだ。

  今日は、志賀野反トレイルレースで使用予定のランパンを履いて来た。サッカーのパンツのように、かなりゆったりしている。ロードレース用のランパンと、ハーフタイツ、CW-Xくらいしか履いたことがなかったので、新鮮なラインアップだ。 膝から下は、SKINSのパワーソックスを着用している。山は、やはり「虫」君が多いしね。

Mito08  と、倒木が道を塞いでいた。細い木だが、持ち上がるほどではない。 「よっこらしょ smile」 とまたいでクリア。 

 (写真撮ってる間に、股関節がよく伸びました)

Mito09_3

ひと一人がやっと通れる幅の小路(=シングルトラック)を足元に気をつけながら走っていく。
時折、傾斜が緩くなると、レースを想定してスピードアップして登ってみる。
 でも、やっぱりトレイルの登りは、使う筋肉が違うな。ふくらはぎに乳酸が溜まる気がするよ。

 
 

もう少しで目的地の三角点だ。目の前には、一面に笹が群生している。笹に隠れて小路が見えないが、樹の幹にしばりつけられたリボンを目安に前進する。Mito10_2

 

 しばらく前から、鼻歌まじりに走っている。note  なんの気なしに、「森のくまさん」を歌っていたが、縁起でもないので曲を変えた。coldsweats01

Mito11  笹畑を抜けると、最後の上り坂。丸太の階段をゆっくりと踏みしめながら、ジグザグに坂を上ると、三角点に到着。
 もっと景色がいいのかと思ったら、ただの山の中だった。bearing
 ここに来たのは初めてなので、記念写真をパチリ。camera  セルフタイマーの操作をあれこれ設定しているうちに、汗が冷えてきた。 また、標高も結構高いようで、あっと言う間に一面に霧が立ち込めてきた。 ヤバそうなので、早々に退散することにした。

 下りは、一転してペースアップ。happy02 
しかし、スピードの出せる傾斜ではない。調子に乗ると、すぐにコースアウトか膝を痛めそうな急傾斜だ。

Mito12

本日のトレーニング: 
距離:19.0k
所要時間:2時間13分06秒
(7'01ペース)

【おまけ】
帰宅後、朝食を食べ、洗濯をすませ、信州トレイルマウンテンに顔を出した。ザックの冗長なベルトをカットしてもらった!happy01  店長さん、謝謝shine

昔の名前で(も)出ています

すっかりご無沙汰していた「わんこ」ちゃんからメールが来た。7~8年近く前にゴルフにはまっていた頃の仲間だ。ちなみに、「わんこ」ちゃんというネーミングは、弐号が命名した。
かつて一緒にプレーした際、beerbeergolfbeer という結果、ホール毎にマーキング行為を繰り返していたのが印象深かったらしい。coldsweats01
 「すっかりランナーになっちゃいましたね。もう、こちらに戻ってくることはないんでしょうか?」と書いてあった。

時は来た!時代が俺を呼んでいる。うさ吉拝命の前には、「ゴルフ13」を名乗っていた自分である。
わんこちゃん達:「バックティーから打っていいっすか~!」
G13:「(心の中で…)俺の背後に立つな!」「バキューンbomb
 …また、ラビットティーから一人で打つのだろうか。所詮、うさぎだから、いいか。ふ、スナイパーは孤独な稼業だぜ。

ちなみに、わんこちゃんは、「シングルになりました」と締めてあった。文脈からして、離婚したわけではなさそうだ。
今週末は、クラブを磨いてみるか。
 そういうわけで、皆さん、お誘いお待ちしてます。カート禁止で走ってラウンドすれば勝てるかも?!

野辺山ウルトラ ~トレーニング編

<野辺山までのトレーニング要旨>

3年前に長野マラソン完走のためにトレーニングを開始したうさ吉ですが、気温の関係もあり、年間の目標レースは11月の河口湖マラソンになっています。
 で、昨年の河口湖以降、野辺山へ向けてのトレーニング内容をまとめてみました。07kawaguchi2_5

07年12月…河口湖マラソンの疲労リカバリー
  前半…Jog
  後半…様子見ながら距離伸ばすが、休養優先(伊豆温泉旅行もwavefuji
     せいぜい 15K(6'10)程度まで。週40-50Kくらい
  月間:199k (下旬は雪かき作業による朝トレ中止も何度かあり)

08年01月…走り込み開始,中旬から仕事帰りのジム通い開始
       (道路凍結で走れないのと、筋力アップが目的)
正月三が日:TVで駅伝観戦
年始休みで  68.0k [ 13.0k (5'40)~20.0k (7'00) ]
前半…(平日) 10.0k (5'40) / 8.0k (5'20) / 7.0k (6'30)
          (週末) 年始のご挨拶等でRest
後半…(平日) ジム通い開始
               筋トレメニュー(軽めの負荷で15回×2セット)
           ・バーチカルベンチプレス(大胸筋、上腕三頭筋)
                 ・ラットプルダウン(広背筋、大円筋、上腕二頭筋)
                 ・レッグプレス(大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリング)
                 ・レッグエクステンション(大腿四頭筋)
                 ・レッグカール(大腿二頭筋)
                 ・傾斜台 腹筋
                  ・傾斜台 背筋
         バリエーション
              月・金)筋トレ 15回×2セット + 5.0KJog (7'00)
               火・木)起伏ビルドアップ 15.0K (6'50)…傾斜とペースを徐々に上げる
               水)筋トレ 15回×1セット + 12.0Kペース走 (5'30)
          (週末)
             土)ペース走  17.0K(4'50)…可能な限りロード。無理ならトレッドミル
             日)LSD    22.0K(7'00~7'30)
  新年会等で二日酔bottle RESTも、ままあり(関係者の皆様、その節はお世話なりました…)
  月間:258K

08年02月…2/3 浦安シティマラソン大雪snowで中止
      (雪のないロードで距離を稼ぐ思惑が…bearing
  基本的に1月メニューの継続。但し、大雪や風邪などでREST多し
  最後の1週間は、合計5.0Kのみ(発熱)
 月間:205K

08年03月…3/16 荒川市民マラソン 距離走の位置付けで初出場(調整なし)
上旬…前月の風邪で不足した距離を挽回しようと、
      3/1 22.7k (7'20) ,3/2 24.7k (5'00) と連続して走り込んだ所、
      3/3 足底筋に違和感発生。痛みが増し、Jogは無理だが、歩きは大丈夫
      (荒川の回避も検討し、週末に整形外科で受診することにして無理しない)
    (平日) 自宅周辺の未舗装土手を朝10k程度ウォーキング(8'40)
    (週末) 整形外科で「足底筋膜炎」と診断。電気療法を受け、hospital テーピング教わり、
      アドバイスで市販のインソールを購入。タオルギャザリングや、勤務中の足底のゴルフボールマッサージも開始golf
       土)テーピングしてウォーク 9.0k (9'00) 快調 + LSD 13.0k (7'00)で痛みなし
       日)LSD 20.0k (6'58) も、OK。 荒川は、無理せずにゆっくり参加の方向に
中旬…荒川用ロードトレーニング
    朝:9.0~10.0K (5'30) や 2000+1000(4'30) 等
    夜:ジムで 5~6K JOG と 筋トレ 15回×2セット等

  荒川市民マラソン本番(5'00ペースの距離走。楽チンで楽しく笑顔で完走)
    3時間26分08秒(4'53)  <前半1時間42分37(+ロス1'30) + 1時間43分31秒>
      スタートロスを含めると、後半のほうがタイムがよいという初体験
  走後、3日間はWalk中心
下旬…長野マラソンへ向けて朝晩の二毛作トレーニング
   4週間前:(土)10.0K(6'00)  (日)16.0K(4'47)
   3週間前:(土)26.2K(5'38)  (日)19.2K(5'11)
 月間:343K

08年04月…長野マラソン本番 + 野辺山対策 本格化
上旬…時期的に仕事量も多いが、気持ちを明るく
   朝:6.0~8.0K Jog(6'00)
  夜:ジムで 10.0~13.0K 起伏ビルドアップ +マシントレ

   2週間前:(土) 18.0K 起伏走 (6'57)~馬越想定  (日) 21.0K(4'50)松代堤防道路
   朝:6.0K (4'40)
  夜:ジム 9.0K 起伏ビルドアップ

   1週間前:(土)LSD16.5K(6'30)  (日)ペース走 12.5K(4'26)
   朝:1000*2(4'33-4'22) , 5.0k ビルドアップ , 4.0k ジョグ(6'40) 等

   長野マラソン本番 … 3時間20分04秒 (4'44) 豆つぶれたが、膝痛なし
   走後、2日間はWalk中心。3日目から、トレーニング再開
   朝:5.0K Jog(6'40)
      夜:6.0~10.0K 登坂走 (8'30) upwardright

   野辺山3週間前:(土)14.0k トレイル(7'12) (日)24.0K LSD(6'30)
    4月末でジム退会
月間:300K

08年05月…GWで山走りドップリ。起伏大好きに!
  5/1 里山トレッキングコースでの起伏走 34.5K (7'25) upwardrightdownwardrightCimg0087
  5/2 野辺山下見 (滝見~三川 試走 8.0K (6'40)
  5/3 実家に帰省 ハイキングコース Walk 6.0K
  5/4 里山トレッキングコース起伏+急坂登り下り 24.4k(8'10)  26℃! sundownwardrightupwardright
  5/5 REST
  5/6 里山トレッキングコース 36.2k (6'41) ←かなり余力あり coldsweats02
  5/7 2.0k Walk(9'30) + 補強 20回×2セット
  5/8 11.0k (5'10)
  5/9  6.0k (6'00)  + 補強 20回×2セット
  1週間前:(土)22.0k 里山トレッキングコース+トレイル下り(6'10) coldsweats01
      (日)14.0K Jog (6'20)
  3日前:10.0k (5'40)  その間は、4.0~5.0k Jog (6'00-6'30)
  1日前: 8.0K (6'10)

  5/18 野辺山ウルトラ本番 100k (6'56) happy02  motorsports

  5/19 1.0K Walk + ストレッチ
  5/20 雨でREST + ストレッチ
  5/21 Walk 2.5k (12'00)
  5/22 Walk 3.8K (10'00)
  5/23 Jog  5.2K  (6'40)
  5/24 Jog 10.0K  (6'45)
  5/25 Jog  8.8K  (6'30)

    以降、月末まで 7.0~9.0k Jog (6'00~6'30)
月間:346K

梅雨入りだ~

昨日、「関東甲信地区、梅雨入りしたと思われる」そうです。

今朝も雨。でも郭公は元気に鳴いてます。
 いままでは、雨降りは「自宅で補強トレーニング」が定番でしたが、今月末にはOSJ志賀野反トレイルレースが控えてます。Ame

6月末でしょ、普通考えれば、雨の登山走になるよね。
というわけで、先日買ってもらった、ホグロフスのウインドブレーカを着て、8Kラン。

ただいま無事、帰還いたしました。
早く風呂入って朝ごはん食べて、会社行かなきゃ!

野辺山ウルトラ ~装備編

すみませんpig 、備忘録を兼ねて(というか、主目的)、今年のウェア類sportsやトランジットに預けた備品・サプリメントhospital の一覧です。
たぶん、興味のない人は、全く面白くないんだろうな~coldsweats01

【スタート~42K八峰の湯】080518_043401
 <ウェア>
  長袖ハーフジップシャツ(秋冬用)
  CW-Xエキスパートロングタイツ
 <シューズ>
  NewBalance 810トレイルランニングシューズ
 <キャップ>
  THE NORTH FACE エンデュランスキャップ (サンシェード脱着式)Nfcap
  <サングラス>
  SWANS ガルウイング
 <グローブ>
  Adiddas
 <ソックス>
  X-SOCKS
 <首タオル>
 信州トレイルマウンテンで購入 

 <装備品> … ボトルポーチに収納
  TIMEX IRONMAN BodylinkSystem 心拍センサー
  カーボショッツ×2(フラスコ)
  パワージェル梅×1
  クエン酸サプリ(フリーダム×3)
  アミノバイタルプロ×2
  乾燥梅
  SAVAS エナージーアップタブ10錠
  ノーシン(鎮痛剤)…未使用
  ガスター10(胃薬)…未使用
  防水絆創膏(豆対策)…未使用
  バンテリン軟膏…未使用
  携帯電話
  ビニールポンチョ
  ティッシュペーパー
  SAVAS 400ccボトル(アクエリアス)

【42K~FINISH】
 <ウェア>
  半袖トレイルシャツ
  (THE NORTH FACE ショートスリーブウルトラウィックゲオメッシュクルー)
  CW-Xプロセミロングタイツ+「ひざ簡単」テーピング
 <シューズ>
  NewBalance M964 2EAll_spo
 <キャップ>
  THE NORTH FACE エンデュランスキャップ
  <サングラス>
  SWANS ガルウイング
 <ソックス>
  X-Socks
 <その他>
  SKINS パワースリーブ
 <首タオル>
 
 

【42Kトランジット時準備品】
  ディクトンスポーツ
  ソイジョイ
  アミノバイタルプロ、カーボショッツ、フリーダム補充分
  コールドスプレー
  日焼け止め
  バスタオル

【87Kトランジット時準備品】…未使用
  ソイジョイ
  アミノバイタルプロ、カーボショッツ、フリーダム補充分
  ワセリン
  テーピングキット(主に足底筋サポート用)
  SKINSパワーソックス
  ヘッドランプ(PETZL TIKKA Plus)
  バスタオル
  X-Socks

【レース後ケア用】
  SKINS Travel&Recovery ロングタイツ
  SKINS スリーブレストップ

NIKE ゲイトアナリシス

弐号がゴルフバッグを新調するというので、スポーツDEPOに行った。
確か、この週末は、NIKEが「ランニングフォームを高速カメラでチェックして、お勧めのシューズを選んでくれる」イベントをやっているはずだ。(しばらく前にDMをもらっていた)

予約制ということだったが、まだ午前中ということもあり、飛び込みでも大丈夫だった。
まず、ナイキフリーエブリデイ+に履き替える。次に、トレッドミルで実際に数分走り、真後ろから高速カメラで着地や蹴り出しの癖を撮影。その後、映像を見ながら専門スタッフが走りの癖の分析、お勧めシューズのセレクトをしてくれるというものだ。shoe

うさ吉は、今朝、15Kほど山麓道の起伏とトレイルを走っていたので、脚のケアのためにSKINSのロングタイツを履いたまま、その上にジーンズdenimを履いて出かけてきていた。 「せっかくフォームを分析してくれるのだから、真剣モードで走ろう」と、ジーンズを脱ぎ、タイツ姿に。上半身がTシャツ、下がロングタイツという、まさに「風忍参上」スタイルだ。
 事前にアンケートで、日頃のトレーニング内容やレース記録などを記入して渡した。(ハーフが1時間25分、フルは3時間20分程度)
うさ吉の担当は、元箱根fujiの山下りランナー(J大学)の青年だった。
トレッドミルは、歩きから開始し、だんだんスピードを上げていく。「キロ4分半くらいまで上げてもらっていいですよ」と答え、快調なペースで数分間走る。

横で見ているスタッフに、「いいフォームですね~」「腰の位置が高いですね!」「長い距離をやってるランナーの走りですね~」と褒めてもらって、すっかり嬉しくなる。happy01 
 
映像movieを見ると、普段気がつかない自分の癖がよくわかる。踵着地ではなく、土踏まずの付近で正しく着地していることがわかって安心した。ただし、以前、痛めた影響からか、左膝が僅かに内回する傾向があることも指摘された。ほほ~ coldsweats01 全く自覚していませんでした。

 全体的には問題なく、よいフォームだったようです。わ~い。note

お勧めシューズは、レース用/トレーニング用/LSD用とも、現在履いているラインアップとほぼピッタリで、「流石ですね~」と誉められちゃったhappy02  フルマラソンでは、ズームエア カタナケージを履いて三足目なのだが、もう1ランク上げてみてもいいと思いますね、と、「カタナスター」を勧められ、試履してみた。
 今後、検討してみます。pendollar

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影