« 前代未聞のレース前日 | トップページ | 北軽井沢が終わって… »

灼熱の北軽井沢マラソン

sunsun暑かったよ~ん、北軽井沢!sunsun 
 Kita_sato自宅を4時半に出発して、6時には現地着。直後は涼しかったものの、太陽の高度に比例してジリジリと気温は上昇し、7時には相当日焼けが始まっていたような気が…。 (下の写真は、現地で遭遇したBANJINさんと弐号の2ショット。7時前なのに太陽全開っす。 ちなみに、左の写真は、サロメチールでお馴染み、サトちゃんと自分の2ショットであります。特に意味はありません…notes
 キャップ+サングラス+日焼け止めという三種の神器を揃って使ったのは、去年の新潟マラソン以来じゃないかな~。アナウンスで、「猛暑が予想されるのでレース中は給水を十分に」と繰り返してましたが、できれば、スポーツドリンクも置いてくれると有難かったかな…。汗で塩分やカリウムが消失しますからね…。自分は、お守り替わりにウエストポーチにアミノバイタルスーパースポーツゼリーを入れて走りましたが、途中で全部消費しちゃいました。レース後、こんなに汗びっしょりだったのは初めてだったかも。(途中で、頭からコップの水かけてたせいもあるけど…) wobblyKita_ban_2go

 と、まず言い訳から入りましたが sweat02、 序盤はそこそこレースモードだったものの、折り返してからのダラダラ登りで意気消沈し、「15k+6kジョグだったことににしようかな~punch」と自問自答しながらのレースとなりました。平坦コースでの最新タイムより、10分以上遅い、1時間35分台でのゴールだったみたいです(公式タイム不明)。ハーフで1時間半以上かかったレースって、走り始めた最初の年以降は記憶にないな~。でも、懸念された序盤と終盤の登り坂は、かつての印象よりもずっと楽に走れたのは、山ランのおかげで自力が増してきたんだろうな~、と、自分勝手なお気楽ポジティブ思考。coldsweats01

 かつてこのレースに出場したときは、3'57-3'55-3'54-3'45-4'27(急坂) というペースで突っ込み、序盤の急勾配の登り坂完了とシンクロして、自分のレースも完了してしまったという苦い記憶があります。そこで、本日は、暑さも考慮して、 4'05-4'05-4'02-3'54-4'46 という控えめな入りとなりました。ここまでは計画通り。そのまま10k過ぎまでの下りでもまあまあの位置で推移したんですが、前述の暑さで追い込む気にならず、写真屋さんを見つけては scissorsサインを出すなど、早くもお遊びモードが「こんにちは」。smile
 折返し後、弐号とすれ違って激を飛ばし、BANJINさんとも「ファイト~sign01」とハイタッチを交わし、「本日のお役目終了~!」とばかりに、いそいそとJogモードに後退していったのでありました。 しかしながら、(毎度のことですが…)沿道の声援にだけは元気一杯に反応し、子供の応援には必ず「ありがと~」と手を振り、鳴り物を打ち鳴らすお婆ちゃんの前は、拍手をしながら駆け抜け(←全人代か!)、なんとかかんとか最後のアイガーサンクションも克服し、残り2.5キロを残すまでに。
 前回は、ここから4分ペースでゴボウ抜きをしたはずでしたが、今日の自分は「しおしおのパー」(By.怪獣ブースカ)。 基本的には、「早く上がって、冷たいもの飲みて~bar」モードだったので、「お急ぎですか? レレレのレ~」をモットーに、後ろから抜かれても我関せず…。流石に、このままじゃいかんかなと思い、最後の1kだけは辛うじて疾走して順位をチョコッとだけ上げました。
 終わってみれば、トータルで4分33秒ペース。これって、フルマラソンのペース走じゃん!Kita_trouble

  ちなみに、弐号はというと、受付を行った時点で、「自分のゼッケンが用意されてない!?」という悪魔の呪いから一日中開放されることなく、自主的に積極的にウォーキングを取り入れながらの楽しい(?)遠足を満喫したようでした。sweat01 レース後も、「これからトレイル20k走れるくらいに疲れてない…」と自責の念に駆られておりました。(実際、帰宅途中にトレマンさんの店に顔を出して、コンチネンタルディバイドを購入したんですが、流石に走りには行きませんでした… think

本日の総括:

  1. 夏は暑い sun
  2. スピード練習しないと、スピード持久力は低下する bleah

本日の収穫:

  1. 飛び賞で、嬬恋村名産品キャベツが当たった!Kita_cabet                      
  2. 帰路、偶然立ち寄ったお店のメンチカツがめちゃくちゃ美味しかった!(1日限定10食だって。コーヒー付で900円。お奨めです。ご飯5杯までお替り自由。6杯目から1万円っておばちゃんが言ってました…。前日、テレビ東京の人が来て、絶賛して帰って行ったそうです。これもおばちゃん談)

 Kita_lunch

ハーフマラソンに出場したはずなのに、レースの写真が1枚もない…。本日の自分、レモンイエローのランシャツにランパン、オレンジのサングラス、赤いリストバンド、と結構イケてたんですが…。AllSportsさん、今日こそはちゃんと撮ってくれたでしょうねsign03

まあ、いいか。

以上、「北軽井沢探訪」レポートを終わります。

« 前代未聞のレース前日 | トップページ | 北軽井沢が終わって… »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

毎度です。うさ吉さん。
美人の奥さんと話しが出来て、走る前は気合充分だったのですが、折り返し地点以降から体内温度の上昇なのでしょうか、バテバテでした。
給水所に水しかないのは堪えましたよ。
お腹の水音(チャッポン・チャッポン)は吸収していないって事ですよね。
来年は是非スポーツドリンクを置いて欲しいですね。
記録も2時間以内が目標でしたが、4分も超過して終わりました。
昨晩は脚の疲労は余り感じませんが、内臓は相当疲労し、ビールも一本しか呑めませんでしたよ。
週末は長野駅周辺で反省会ですかね~。

BANJINさん、お疲れ様でした。
じゃ、beerのミッション、進行させますねhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/41826830

この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の北軽井沢マラソン:

« 前代未聞のレース前日 | トップページ | 北軽井沢が終わって… »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影