« 虻と犬 | トップページ | 雨上がりのホームコース »

帰省ついでの分水嶺トレッキング

毎度どもです! 昨日から実家に帰省しておりましたが、さきほど帰ってまいりました。

今朝は、夕べのヱビスビール三昧をものともせずbeer、普段通りに5時起床で、諏訪湖を見下ろす塩嶺峠の御野立公園まで弐号と二人で早朝徘徊を楽しんで参りました。foot

塩嶺というのは、長野県岡谷市と塩尻市の境にある標高999mの塩尻峠を中心とした八ヶ岳中信高原国定公園の一部です。分水嶺にもなっており、そこに降る雨は、南は天竜川を流れて太平洋へ、北は信濃川を経て日本海へと流れてゆきます。downwardleftdownwardright

展望台からは、東に八ヶ岳・富士山、南に南アルプス、西に中央アルプス・御嶽山、乗鞍、北に北アルプスという具合に信州の山々が望めます(今朝は残念ながら曇りでした…)。小学校の頃は、定番の遠足コースでもありましした。

06 (南東側:八ヶ岳方面、北西側:北アルプス方面を展望)

07(晴れていれば、諏訪湖の向こうに富士山も)

塩嶺御野立公園は、長野県の「小鳥の森」に指定されていて、渡り鳥でない常連の20種余りの鳥が一年を通して見られるそうです(渡り鳥も入れると90種類以上!)。chick 
 公園内には、野鳥の写真、時期、さえずり声の特徴などが書かれた案内パネルがあちこちに用意されています。初夏から夏にかけ「小鳥バス」がJRの駅から毎週末運行され、日本野鳥の会の会員の解説付きでバードウォッチングが楽しめるそうです。5月の連休時には、望遠レンズ付けたカメラマンがズラ~と並んでました。camera cherryblossom キャンプ場も隣接しており、飯ごう炊さん用のカマドや水道も綺麗に並んでましたよ。riceball

09 (この他にも、木立の中の随所に野鳥パネルが)

景色が良いことから、明治天皇、昭和天皇も立ち寄られたことがあり、それを記念した日本で一番短いお祭り(「一同、礼」の一言だけ。1分くらいで終わる…)もあったりします。

え~と、岡谷市役所の観光課の方、紹介はこんなもんでいいですかね?  観光客が増えたら、実家にヱビス1ケース贈っておいてください。ヨロシク punch

実家から塩嶺までは、旧中仙道を登っていきます。

00 (右:下諏訪 左:塩尻峠)

途中には、明治天皇が休憩されたお屋敷や、石船観音(通称:石舟様)があります。

01 (明治天皇のお休処)

02

石舟様は、足腰の痛みを直してくれる観音様です。自分も、野辺山挑戦の2週間前にお参りし、お札やお神酒、わらじのお守りなどを頂いてきました。今朝も、芳名帳に、「長野市  うさ吉 弐号」と記帳してきました。 冷たい湧き水もあって、なかなかお勧めのスポットです。

12 13 14

ただ、この登り坂、傾斜が半端じゃありません。馬越峠なんて、まだまだ序の口っす。たぶん、車で登っても、2速のギアじゃ無理だと思うよ。sweat02

03 04 05
 

公園に入ると、池の周りは天然のウッドチップコースだし、適度な傾斜のトレイルや野原があるので、プチトレランに最適です。

07b 08 

10 (野鳥の森公園内の様子 chick )

昨年までは、あまり来たことなかったんだけど、都会の方にはお勧めしたい公園です。

11 (半分ほど下ったところで、諏訪湖をパチリ)

諏訪湖-霧が峰-蓼科-白樺湖→ (ここでキャンプして)→乗鞍 上高地 なんて、いいんじゃないの!

本日の散歩:5.8k 62分  帰宅してから朝ごはんが美味しかった~ happy01

« 虻と犬 | トップページ | 雨上がりのホームコース »

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/42175722

この記事へのトラックバック一覧です: 帰省ついでの分水嶺トレッキング:

« 虻と犬 | トップページ | 雨上がりのホームコース »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影