« 完全オンロードのLSD | トップページ | ぴっちぴっちチャップチャップ ランRUNらん »

菅平コース試走(小根子~やまなみコース)

菅平トレイルコースの試走に行って参りました。トレマンさんツアーに便乗です。夕べは大雨強風注意報が発令されてましたが、天候も回復し、問題は体力だけという展開になりました。sweat02

当初は、後半部分15Kコースの試走ということでしたが、開けてビックリ玉手箱impact そうは問屋(=トレマン様)がおろさないsign01 ということで…。

先週の仕事の疲れか、昨日から自律神経がおかしく、今朝も支度中にTシャツ1枚びしょびしょになって着替えるほど汗をかく状態でしたが、現地到着時にはすっかり回復しておりました。

5:40頃に国際リゾートセンターを出発し、日の出ゲレンデを直登します。

朝のうち雨が残りそうな天気予報でしたが、まずまずの天気。本番のシミュレーションもあって、本日はCW-XロングタイツとSKINSパワースリーブで四肢をしっかりガードしてきました。

Cimg1011(直登開始~)

トレマンさんツアーの告知が、週末ギリギリだったにもかかわらず、総勢10数名の方が参加しています。何回か顔を合わせている方もいれば、今回初参加という方もいらっしゃいました。

Cimg1013 (5:58日の出ゲレンデ到着)

本日は、ここからゲレンデを裏太郎方面に下って、シュナイダー碑から折り返して後半のやまなみハイキングコース~大松山と巡る予定です。(…でした coldsweats01

靄のなか、ゲレンデを駆け下りてゆきます。

Cimg1015 (本日のトレマンさんです)

夕べの雨もあり、かなり草むらは雨を含んでいました。朝一番なので、安全第一で下ります。

Cimg1016 (次々と下りきる参加者のみなさん)

前回の石川さんツアーの出発点を通過し、道路を渡ってダボス方面へ向かいます。

Cimg1018  (左前方は、石川さんツアーの開始地点)

本番では、道路の下のアンダーパスを走ることになるそうです。

Cimg1019 (6:05通過。本番ではこの下をくぐります)

Cimg1023 (ダボスに向かって黙々と登ります)

Cimg1025 (6:15 シュナイダー碑到着)

へ~。自分、初めてここに来ました。

ここで、トレマンさんから、緊急動議がsign03

「時間の都合が良ければ、ここから小根子まで行って、それから後半コースに突入しませんか?15Kよりも、もう少し距離走ってもいいかと思うんで…」

Cimg1027 (動議を提案するトレマン氏の図)

とくに反対意見もなく(というか、ほとんどの人はコース知識ないんで、反対する術もなく…)、動議が可決されました。

というわけで、小根子へ向けて出陣です。

Cimg1029 (6:17 小根子へ向けて出発!)

このあたりは、起伏も緩く、ペースが上がります。途中、犬のお散歩中のおじさんとすれ違いました。

Cimg1032 (ちょっと休憩~)

ちょっと休憩してると、さっきのおじさんとワンちゃんに追い抜かれてしまいました。流石、毎日高地トレーニングをされているお犬様は、足腰が違いますな!

Cimg1033 

そこから先は、平坦な砂利道のようなところを進んでいきます。廃バスを利用した避雷所がいくつか並んでました。

Cimg1034 (カミナリ注意thunder

徐々に列も長くなりはじめ、料金所前で休憩します。

Cimg1037

Cimg1038 (6:35 料金所前)

右側には牧場が広がっています。足元も、浮石等が目立ってきて、登り勾配が少しずつきつく感じ始めました。

Cimg1040 (見よ、この真剣な表情を!)

Cimg1041 (二番手を進む自分であった…)

Cimg1042 (牛を背景に弐号の写真を撮っていたら、抜かれてしまった…)

Cimg1046 (ちょっと一休み~)

休憩を入れるたびに、勾配がきつくなってきたような…。

Cimg1050 (きびし~)

Cimg1056 (またまた休憩~)

かなり空も明るくなって参りました。まもなく7時です。休憩の合間に、珍しくお花の写真なども撮ってみました。

Cimg1057 (菅平の高原植物が7時をお知らせします)

Cimg1058 (ピッ, ピッ, ピッ, ポ~ン clock

3分ほど休憩して、小根子頂上へ向かいます。あと少し~。このガレ岩が結構曲者なんですよね~。

Cimg1061 (ここは走れません。キッパリ。本番ではわかんないけど…)

Cimg1069 (7:24 頂上直前の案内板)

トレマンさんが後続部隊を待っている間に、一足先に小根子頂上へ到着しました。

Cimg1072 (先着組で、ハイ、ポーズcamera )

Cimg1073

頂上は、強風が吹き荒れてまして、それまでの汗が一気に冷えました。皆さん、慌てて防寒具、雨具の類を装着しました。(下で待ってたほうがよかったよ…penguin

Cimg1074 (低い姿勢で風をやり過ごすの図)

Cimg1075 (お約束の記念写真。ご協力ありがとうございました)

自分が到着してから、約13分の休憩。これより、北肩方面へ下ります。前回のツアーでコースは把握しているので、気持ちに余裕がありました。ここから牧場分岐までのポイントは、笹に隠れた岩や段差で、足を捻らないことですよ!安全第一。

Cimg1077 (7:38 小根子出発)

Cimg1083 (走りながら撮影成功~)

Cimg1088 (どんどん進め~)

Cimg1091 (7:46 ザレ岩到着)

ザレ岩で小休止。ここからの下りも、要注意。前回、シューレースほどけて転倒して大出血したのはこの区間でした。「カメラは封印しよう!」と思ったものの、2,3枚だけ撮っちゃいましたsweat02

Cimg1092 (雨上がりだから、岩も滑るんですわ)

初参加の方は、かなり苦戦した人もいたようです。はっきり言って、この区間をぶっ飛ばすのは勇気がいります。自分も、本番では、この辺りはセーブしないと、万一転倒したら、後半のモチベーションが一気に低下すると思います。

Cimg1094 (厳しい区間はこの辺で終わりです)

Cimg1096 (ここまで下ると、かなり飛ばせます)

Cimg1098 (8:05 牧場の合流地点です)

Cimg1104 (牛の耳に念仏…我関せず)

牧場が見えるところまで下れば、傾斜もたいしたことないので、それなりのペースで走れます。

Cimg1105 (気持ちよく走っております)

Cimg1106 (8:13 料金所)

料金所まで下ってきました。下りのほうが、脚にはきますよね。(集中力も要るし)

Cimg1111 (平坦なバス避雷所のところまで戻ってきた!)

Cimg1115 (ダボス到着目前。何か雰囲気のある5人組の図)

8時半。麓の道路まで戻ってきました。この時点で、走行距離15kジャスト。ここまでは、今日の前菜のはずでしたが、すでに予定の距離をクリアしちゃいました。

前日、根子~四阿山周辺をかなり走りこんだというHさんを始め、もうお腹一杯になった方たちとはここでお別れです。お疲れ様でした。(きっと、後半部分のコース下見をしたかった方もいたのではないかとお察しします…)

自分も、15kの予定で来てましたが、コース詳細の復習をしたかったので、もう少し先まで行くことにして、自動販売機で水を買い、ハイドレーションに補給しました。

Cimg1117 (ホテルニューダボス前)

それでは、これより、後半戦に入りま~す。下の写真に写ってる方で全員で~す。自分を入れて7人の侍たちが残りました。ということは、約半減ですか…sweat02 でも、大丈夫ですよ~。今日はきつかったとしても、山を走るのに脚がまだ慣れてないだけですから、2回、3回と繰り返して山走りするだけで、身体が確実に適応していきますよ。(自分もそうでした)

Cimg1118 (後半戦開始~bell

前回の石川さんツアーと同じ、後半戦のトレイル入口です。ま、無理せずにゆっくりと行きましょうかね~。

Cimg1120 (8:46 トレイル入口到着です)

先頭は、結構元気に駆け上がっていくな~。

Cimg1122 (登り坂ですup

やっぱり、一度走ったことがあると、すごい気分が楽ですよね。試走って、すごいアドバンテージだと思いますよ。

自分は、登りは速歩をしながら、斜度の確認をしてトコトコと進んでいきます。

Cimg1125 (8:58 後半戦、最初の休憩ですcafe

後半コースは、草木がかぶっている狭い道が多いんですよ。前回の試走で、腕や脚に切り傷たくさん作ったんで、今日はロングタイツとパワースリーブ着用してきました。大正解。野バラの棘みたいなのも刺さりますからね!

Cimg1127 (こんな感じで生い茂ってます)

このあと、足首を捻ってしまった方や、予定があるからそろそろ帰りたいという方が出てきたので、「やまなみハイキングコース」の立て看板(世帯主:大天使ミハエル)のあたりでエスケープルートの確認検討会を実施。

で、このままハイキングコースを一緒に越えて、次の道路(長野市と上田市の境)に出たところで全員で帰ろうという話にまとまりました。

Cimg1132 (9:12 ただいま検討会開催中です)

故障された方もいるので、自分は、最後尾からゆっくりと着いて行くことにしました。

Cimg1134 (柔らかい道ですが、アップダウンはそれなりに…)

9時半に、道路に出ました。ここから国際リゾートセンターまでは、ひたすら舗装路をJOGします。一本道だから、あとは大丈夫かな? と判断し、自分も弐号と一緒にゆっくり走っていくことに。クールダウンのつもりで6分半ペースで走ってましたが、先頭グループはどんどん先に行ってます。元気あまってんね~。

Cimg1135 (この場所も今日で3回目)

他の参加者の方に、先週の30kトレイルのお話をうかがいながら、淡々と国際リゾートセンターを目指します。ロード出てから3.6kありましたよ。

Cimg1136

9:58 国際リゾートセンターに無事到着しました!

本日の行程:23.5k 3時間23分15秒(走行時間のみ)  ちかれたび~coldsweats01

参加者の皆様、お疲れ様でした~rock

さて、家に帰って、風呂入って洗濯してビール飲んでたらbeer、夕方まで寝ちゃいました…。

そんなわけで、ブログアップが夜中になってしまった…。すみません。ぺこり

来週は、土曜日に16k三登山山麓道で起伏LSDをして、日曜日は菅平30K試走の予定ざんす。今日の緊急動議のおかげで、前半と後半のコースが繋がったんで、あとは自分でコースアレンジできるかな、と。  

« 完全オンロードのLSD | トップページ | ぴっちぴっちチャップチャップ ランRUNらん »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

おー
私は15kmコースの出場予定ですが、
コースの様子がよくわかって参考になります。

後半戦の8:58ところで、
ちょっと藪ってましたが、
結構続くのですか?

試走したいけどいけるかなあ・・・
一度は走っておきたいな。

うさ吉さんのブログ見ながら、昨日の反省をしてます・・・。う~んペースが速かったかな?う~ん参加者の体力を図るのは難しいですね。うさ吉さんや化物クラスのDANIさんいたもんで・・・
確かに試走のアドバンテージはありますね。ほぼすべて走れたので、あとはシミュレーションと自分の体力UPですね。
山の首都の信州ランナーの皆さんには頑張ってほしいですね。地方の東京ランナーには負けないよう頑張りましょう

ZEKEさん、こんばんは。
15kコースは、全体的にふかふかのトレイルが続き、途中から両脇が生い茂った感じになりますが、そう長くは続きません。わりと気持ちよく走れると思いま~す。dash
そのあと、今回は行きませんでしたが、つばくろ→大松山と、二つの上り下りが待ってます。スキー場の林間コースを登ってゆくような感じなので、結構、走るのが辛い傾斜もありますよ~。(自分は、たぶん速歩で攻めます)
小根子とは違って、岩ゴロゴロはありません。(石コロに注意は、ゲレンデの激下りくらいですかね…)

トレマンさん、お疲れ様です。

この春までトレランとほとんど無縁だった自分の場合で考えると、トレイルの「初級者」「中級者」の判断基準って何だろうな~っと思ってました。ロードではまあまあ走れていても、里山の登り坂程度で、すぐに息切れてましたから…。(翌週、翌々週と続けていくと劇的に楽になりましたが!)
ランナーだったら、ハーフやフルのタイムで実力は検討つきますが、山からトレイルに入る場合や、いきなりトレランに挑戦する場合はどんな基準があるんでしょうかね?山地図の「コースタイム」の、半分で歩けるとか、1/3で歩けるとかってことになるんでしょうか? 
 初レースだった志賀野反のスタートみたいに、「フルで3時間半以内はレベル1」とかって基準があれば、(自分には)わかりやすいんですが(←妥当性は別として)。
 「今日は初級コースです」というツアーであれば、速い人が来ても初級ペースに終始しちゃえばいいんじゃないすかね? 逆に、「初級」のつもりで来たけど、めちゃくちゃ速くて辛かったってことになると、次から来られなくなっちゃう方もいるのではないかと…。
自分の場合は、「初級コース」とあれば、トレッキングのつもりで参加しますので、激走しなくても全然平気ですよ~happy01

うさ吉様、情報ありがとうございますー。

速歩かー、苦手なんですよねー・・・。
がんばりまーす。

ZEKEさん、おはようございます。
楽しく完走できるように、自分も頑張りま~す。最大の目標は、笑顔で写真を撮られることです。(結構、いつもカメラマンを探してキョロキョロしてます…)

うさ吉さん、写真満載の楽しいブログありがとうございます。
ホグロフスのザックで参加していたkuroです。
コースの記憶が鮮明によみがえり助かります。今週末もトレマンさんの菅平ツアーに参加する予定ですのでまたよろしくお願いします。

KUROさん、こんばんは。
トレイルウェア、いつもバッチリ決まってますね!

今週末なんですが、時間をかけて長い距離を走る予定なんで、トレマンさんツアーとは別行動になっちゃうんですよ…sweat01
でも、たぶんスタート場所と時間帯は同じくらいだと思うので、コース途中で皆さんに遭遇する可能性は極大です。
またよろしくお願いしま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/42407774

この記事へのトラックバック一覧です: 菅平コース試走(小根子~やまなみコース):

« 完全オンロードのLSD | トップページ | ぴっちぴっちチャップチャップ ランRUNらん »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影