« 北極星も消えた | トップページ | 走ってみた幹事(15) »

楽しめました。福岡国際マラソン

言うまでもありませんが、TV観戦していただけです。(←わかってるよ! punch

トップのケベデは別次元のスピード(2時間6分10秒)だったので、2位争いを兼ねた、日本人トップ争いが面白かったですね。

実業団主体の日本の長距離界の現状を考えると、ニューイヤー駅伝を間近に控えたこの時期のフルマラソンは、かなり微妙な存在です。

そんななか、カネボウの入船敏選手が日本人トップの2位でゴールし、世界選手権代表の切符を獲得しました。東京マラソンでは、仕掛けが早すぎて失速しましたが、今回は、我慢して我慢して、最後に笑うことができました。おめでとう!

東京マラソンで一躍脚光を浴びた、JR東日本の藤原新選手も、終盤追い上げましたが、わずかに及ばず3位。ちょっと、途中で遅れてしまったのが早すぎたよね。でも、終盤はなかなかの快走で、かなり見応えがありました。

やはり東京マラソンで失敗した、旭化成の佐藤智之選手。一時は、入船と二人で2位争いを繰り広げましたが、結局4位。どうしても、気持ちの弱いイメージがつきまとってしまいますね…。旭化成の復活はいつの日か?

松宮佑行は、途中まで先頭を引っ張る場面もあったのに、一度離れてからは、巻き返せませんでした。去年の終盤の快走を期待しましたが、残念でした。

中国電力の油谷繁選手。去年のリベンジならず。同じような展開でしたね…。次に向けて、モチベーションが維持できるか心配です。

今朝、無理して走っておいたのは、ランナーとして福岡国際マラソンを観戦しておきたかったからです。

これからは、駅伝シーズン到来! ラグビー観戦と合わせて、自分にとってはとても楽しい季節の始まりです。note

« 北極星も消えた | トップページ | 走ってみた幹事(15) »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/43349093

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しめました。福岡国際マラソン:

« 北極星も消えた | トップページ | 走ってみた幹事(15) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影