« 志賀高原コース後半部試走(その2) | トップページ | 休んでるけど »

志賀高原コース後半部試走(その3)

さ、そういうわけで、志賀50Kコース後半部試走の完結編です。

横手山で30分休憩して、いよいよ本日の後半戦に突入です。但し、ここから先のルートが正直言って不明です。国道沿いを駆け下りるわけはないし…。

ってことで、とりあえず、わかってる通過ポイントを繋いで、高低差の確認くらいのアバウトさで参ります。(本番コースと違ってても、文句言わないように!)

では、参る。

101_dir

まず、のぞき分岐まで戻ることにした。

102_zigzag

で、のぞき(覗き)まで下って、国道まで出ちゃう作戦に。リフトの下です、ここ。

103_nozoki

あたしの大腿部、悲鳴を上げてます…。

104_gare

拷問に近い…。sweat01

105_nozoki

景色はいいんだけどね~。

106_help

泣いてもいいでしょうか…。bearing

107_skylator

スカイレーター乗り場まで降りた。

108_road

国道沿いを歩いて、51号カーブからゲレンデ内に侵入。

109_snow

Kuroさんが、ゲレンデの位置関係に明るくて助かった。

110_down

ゲレンデ駆け下り隊、発進!

111_snow

雪~!結構深くて、ヒールでブレーキングしながらのスノーラン。

112_fast

加速中!我慢して走る私であった。

113_laforet

ラフォーレ通過。

114_mach

進ぬ!電波少年(懐かし~

115_dir

熊の湯へ向かう!

116_suzuri

ゲレンデ駆け下り隊は、硯川まで参りました。しばらく、国道沿いにテクテク歩きます。

117_toilet

硯川の公衆トイレ。水が冷たい。penguin

前川を過ぎ、熊の湯まで到着。

119_dir 118_kumadir_2

国道沿いに、案内板あり。トレイルの入口発見。

120_woodydir

で、ここからラン再開。

121_trail

普通のトレイルだよ~ん。

122_kidoike

木戸池で、国道に合流。道路を横断します。

123_dir

ここから、石の湯温泉~サンバレーへ向かいます。

124_enter

この駐車スペースの奥に入口があったよ。

125_rock

笹こぎ、のち岩攻め。脚痛いのね…。

126_trail

控えめなペースでトロトロついていくしかない…。

127_road

舗装路に出ちゃった。ここが石の湯だった。

128_ishinoyu

川が流れてて、ゲンジボタルの生息地なんだってさ。

129_dir

幕岩~サンバレー方面へ向かいます。

130_river

左側に大きな川が流れてて、静かなトレイルが続きます。

131_pass

いつのまにか、全員で歩いてます。coldsweats01

132_big

半端じゃない大きさの岩が転がってた。

133_root

根っこもゴロ~ン。右側の崖が崩れたみたい。

134_makuiwa 135_makuiwa

名勝 幕岩に到着。迫力あります。

136_meeting

でも、道がありません…。

ロープ張られてますが、なんとなく進めそう…。しばらく相談後、行けるとこまで進んでみようということに。

137_trail

笹も深くて、しばらく人が入ってないような気が…。

138_horaku

こんな感じで、何箇所も道が崩れてた。

139_kamoshika

ヤッホー!かもしか君に遭遇。happy01

140_kogi

グイグイと進むじょ~。

141_drop

こんなのが、いくつも転がってるのだよ…。

142_domon

あ~!これが函嶺洞門ですか!(←違いますsweat01

143_danger

道がないんだって。何箇所も…。

144_sunvalley

ようやくサンバレー側に抜けられた。

全員の感想:「ここはレースしちゃ、まずいでしょ!危な過ぎるよ!」

違うルートか、本番までに整備されるんだろうな、きっと。(私祈ってます~notes

145_biwa

丸池から琵琶池の入口まで歩いてきました。

146_dir

公表されてる高低図では、最後にピョコッと山があるので、旭山を登るのでは?と予想していましたが、本日はやめときました…。

147_pondbiwa

素直に、琵琶池のほとりを歩いて、蓮池のゴールまで遊歩道を登りました。

148_up

ゴール直前の、この舗装路の登り坂、たぶん、キツイっすよ…。1.6Kほどありました。

149_goal

蓮池の駐車場にゴール!

お疲れ様でした。昼休みを除くと、5時間26分くらい。ロストもあったと思いますが、自分のGPSでは、20k弱くらいの行動距離でした。

脚を痛めてからは、お二人のあとから亡霊のようにくっついていくことが多く、お世話になりました。

山岳会のHaraさんは、やっぱり、登り坂をヒョイヒョイ進んでいくところが凄いな~と感心しました。

Kuroさんは、志賀高原の地理をよく理解してて、地図読みもサッサとこなしてくれて、頼もしかったです。

あとは、前半部分(奥志賀~焼額ラウンド)ですな~。cat

また、よろしくお願いします。coldsweats01

« 志賀高原コース後半部試走(その2) | トップページ | 休んでるけど »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
横手山、熊の湯と言えばやはり
「私をスキーに連れてって」ですよね?
世代がわかっちゃいますなぁ~
全然話は違いますが、明日からいよいよ
中学のバレーの大会ですよん。
応援だけですけどね!
ちなみに先月末ソフト長野県4連覇しましたぁ~
今年は青森へ行ってきます。
青森情報くださーーーい。
待ってます。。。

ども~!
あ、もう日付変わってた…。
青森情報ですか…え~と、「八甲田山!」
…ダメ?

この前、僕も同じルートを走ってみました。幕岩から先、道が荒れてたので怖くなって引き返しました(笑)。突き進めばサンバレーに抜けることができるんですね!
沢山の写真で復習することができました。ありがとうございました。

キャベツさん、こんにちは!
サンバレー側に抜けたら、通行止のバリケードが置いてありました…。一人だったら引き返してたと思います、やっぱり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/45299890

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原コース後半部試走(その3):

« 志賀高原コース後半部試走(その2) | トップページ | 休んでるけど »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影