« 志賀高原コース後半部試走(その1) | トップページ | 志賀高原コース後半部試走(その3) »

志賀高原コース後半部試走(その2)

(前回までのあらすじ)

高天ヶ原からゲレンデ直登し、寺子屋峰~赤石山へとたどり着いたズッコケ3人組(←失礼しました。coldsweats01 ズッコケたのは自分だけです…たぶん)。
大沼池のサファイアブルーに魅了されつつ、横手ヒュッテでの昼ごはんを目指して、邁進するのであった…。

で、赤石山頂を出発するところから、続編が始まります。

今日も写真の流れにお任せです。

51_down

大沼方面へ下ります。

52_down

かなり急な岩場もありました。

53_down

大腿部を痛めている自分は、恐る恐る…。

54_trail

このくらいの傾斜ならなんとか走れる~。

54_ore (KUROさん提供)

で、あとからゆっくり降りていくと、数分で大沼への分岐。お待たせ。

55_cyuemon

大沼へは降りずに、鉢山へ向かって忠右衛門新道を進みます。

56_nemagari

ところどころにネマガリダケが…。でも、ここは国立公園ざんす。

57_yokote

横手は、遥か彼方なり…。

58_trail

では、しばらくトレイルをどんぞ。

59_mad

かなり泥だらけのとこも。

60_sasa

笹も深かったっす。

61_snow

雪遊びするお二人さん。snow

62_ohnuma

途中、右手に大沼池が大きく見えた。ここにはベンチあります。

63_get

kuroさんが自然に呼ばれている間に、ちょこっと頑張って走って、Haraさんに追いついた。

64_dir

鉢山への分岐です。しばし休憩。

65_mrkuro

お帰りなさ~い。

66_upstairs

鉢山へ向かって、丸木階段をしばらく登り続けます。

67_hachi

歩いても、7分くらいで到着。

68_trail

ここから、笹こぎやら、壊れかけた丸太階段やら、

69_sekkai

雪塊の上などをクリアしていくと、

70_dir

草津峠の分岐に到着。

71_dir

あと2.3kで横手山だ~!(と、喜んだのは一瞬だけ…)

72_up

荒れた登山道を、ひたすら登ります。haraさんが着替え中なので、久しぶりに先頭に出ました。登りなら、辛うじて痛みが我慢できます。

73_kusatsu

ここから、これでもか~の丸木階段攻撃が始まった!

74_step

75_up

ちなみに、写真はかなり割愛してるので、実際は、この2~3倍の階段が続いております。

76_step

77_back

後ろを振り返ってみた。Haraさん、接近中。

78_step_2

79_bar

真面目に疲れてきました…。

80_saifu

「財布忘れてきた…」と肩を落とすHara氏であった…。

81_mada

82_tree

久しぶりに、階段以外だ~と喜ぶが、急勾配は変わりなく。

83_gere

いきなり、ゲレンデ急登のバリエーションもあります。

84_step

でもって、また階段が続き…。

85_gere

もう一度ゲレンデに放り出されて、右奥の白い丸木方面へ進むと、

86_step

またまた階段の始まりですわ…。トホホ

87_step

ここまで、もう40分も、こんな感じで登り続けてます…。

88_snow

雪で~す。もちろん、ズルズル滑ります。

89_snowstep

雪と階段のコラボ~。(あんまり嬉しくない think

90_dir

さらに5分ほど苦しめられて、ようやく、のぞき分岐に到着。

91_cyotto

左に折れて、横手山頂へ向かいます。大きな岩がゴロゴロ。

92_yokote

見えてきた~!横手山ヒュッテ~ happy02

93_bakery 94_flag

は~い!日本一標高の高い、横手のパン屋さんで~す!scissors

95_whats

この奥に、焼きたてパンが並んでるよ。月曜日は流石に空いてる。

96_antena

山頂のアンテナ軍団の一部。

さて、先行したHaraさんのザックは於いてあったが、姿は見えず…。

まもなく、Kuroさんも到着。

2305mの山頂は、お天気が良くても、あっという間に汗が冷える~。penguin

やがて、スカイレータ側の売店方面からHaraさん登場。どうやら、自販機ビールの価格調査等を実施していた模様。

と、ここで、臨時ニュースがsign03

Kuroさんも車に財布(と お昼ごはん?)を忘れてきた事実が発覚…。down

わたくし、いきなり、金融・財務大臣を拝命させていただきました。shinecrownshine

ちなみに、私のザック内の所持金は2500円。パワーバーやピットインリキッドも持ってるし、焼きたてパン食べるくらいなら充分じゃ~んnote と思ってましたが、Haraさんは、「山頂で生ビールbeer」のためだけに、早朝から頑張ってきたらしい…。傍目にも、その落ち込み具合が尋常じゃない…。downdowndown

で、食券売り場の前で散々悩んだ挙句、ヒュッテでは1個ずつパンを買って、ビールは缶ビールということに。(Kuroさんはパンだけです) 

97_oishino 98_lunch

売店でビール買って、「高天ヶ原から走ってきた~。これから蓮池まで駆け下りる~」って行ったら、おばちゃんが、ワラビのおつまみをサービスしてくれた。おまけに、寒い~って言ってたら、ストーブもつけてくれたよ。ありがとね~ happy01

上の写真を観る限り、同行者のお二人は、こんな心境だったんでしょうか…。

Haraさん:「生ビールちゃ~ん…。グスンsweat02

Kuroさん:「こんな激坂だと知ってたら、3連戦は申し込まなかった… gawk

99_restart

正午過ぎ。

横手山から先は、ほぼずっと下り基調です。昨日までは、「下りはかっ飛ばそ~note」と喜んでた自分ですが、大腿部の激痛で、いきなり辛い展開に…。

 (以降、「ダウンヒル~崖崩れ編」に続く…)

« 志賀高原コース後半部試走(その1) | トップページ | 志賀高原コース後半部試走(その3) »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

やっぱり死走だったんですね(笑)
(3)も楽しみにしてます。

PWさん、お早うございます。
痛んでなければ、もうちょっと楽しめたのかと…。coldsweats01

安全のためには、camera持って走らないほうがいいと思うんですが、こればっかりは…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/45279155

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原コース後半部試走(その2):

« 志賀高原コース後半部試走(その1) | トップページ | 志賀高原コース後半部試走(その3) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影