« もどかしいかも | トップページ | SFMT後半部試走(速報のみ) »

SFMT前半部試走 結果的にプチアレンジ44.5k

天気予報の芳しくない中、信越五岳100kトレイルレースの前半部分の試走を行ないました。

Sa3a0148

同伴者は、レースに出場するZEKEさんと、出場しないけど信越トレイルを走ってみたいという、妙高のHさんのお二人。

5時半に黒姫高原の駐車場に集合し、途中、関川の関所にエイド兼途中離脱用の車をデポし、スタート地点の斑尾高原ハイジへ向かいました。

03_se_chirol

6:10にハイジ前をスタート。最初は歩きながら、チロルの脇を抜けて、6:14「セ」地点から斑尾中心部へ。

04_v_town

大池方面へ向かって進みます。

05_so_ohike

6:23「ソ地点」通過。途中から、ゲレンデ方向へ入って、「かえでの木トレイル」コースへ抜けます。

06_gel_cross

「かえでの木トレイル」に合流し、

07_kaede 08_kaede

途中から急傾斜で、歩きを入れる…。

09_ko

6:32 ぐん平街道との交差点、「コ地点」に到着。

10_gunpei

ここを右折して、ぐん平街道のトレイルを駆けていくと…

11_ke

ありゃ~!コース間違えた。「ケ地点」に来る予定はなかったのに…。

で、6:38引き返すことにした。すみませ~ん。sweat02

12_tozando

「コ地点」まで戻り、直進。すると、

13_dir

とても走れない傾斜で、しかも、途中から九十九折の連続…。どうやら斑尾山頂へ向かう登山道だったようだ…。

14_gekai

通りで、景色が良かったわけだ。最終リフトの終着点まで登ってしまい、「山頂まで0.7k」の標識で再度のコースミスが判明。7:00

15_retry

他にトラバースする道がないので、仕方なく、またまた「コ地点」まで駆け戻った…。本当にゴメン。

16_gunpei

山頂往復で40分ロス。それ以上に、急登での予定外の体力消耗がきつかった…。7:13 三度、「コ地点」から、目立たなかった左コースへ出直し。

17_trail 18_trail

ここから、適度な傾斜のトレイルの連続で~す。携帯のカメラなので、ブレブレ御容赦願います。

19_e

7:23「エ地点」通過。しばらく舗装路を走ります。

20_i_2 21_i

7:29「イ地点」到着。ここから、「大池・山頂トレイル」を下ります。

22_o_s_seibido 23_trail

整備された林道→ぐちゃぐちゃのトレイルと駆け抜け、

24_ohike

7:40に大池到着です。

25_ohike 26_ohike

本当は、七曲池までトレイルで抜けるんだけど、道路側まで来ちゃったので、そのまま舗装路を下って、

27_toyota

7:48に豊田スキー場に到着。ここからトレイルに戻った。

28_jinjya

8:08 涌井の神社を通過。このあたりのトレイルは、轍には水が溜まっていて、草も茂っていて、ゴアでないと辛かったかと。

29_arase_map 30_rindou

県道に出て、しばらく進むと、8:17 上荒瀬原の斑尾林道入口に着いた。

南側から、斑尾山頂を目指して駆け上がります。途中からかなり岩ゴロゴロで、おんたけの林道っぽい感じ。

31_stop

8:42 荒瀬原林道への分岐点で、通行止の看板。ここでちょっと休憩。

さっき調べたら、ここは、もともと直進でOKだったよ。

32_annai_2

途中から、ずっと小雨が降ってましたが、気になるほどではなく、やがて、信越トレイルの案内板が出現。反対側に登山口があったけど、そのまま林道を行った。(これも正解)8:53

33_nojiriko

雨が強くなってきたので、ウインドブレーカーを着込んだ。今日は、本格的な合羽も持ってきたけど、まだ大丈夫。

途中、野尻湖が一望できた。パンフレットで観るような景観だ。9:03

34_shirakaba

9:12 再び、信越トレイル「しらかば台」の案内板に到着。

ここにたどり着く前に、「どんどん野尻湖に下ってるような…」という不安に駆られていたので、ここでコース確認。

直後に現れた登山者に、「斑尾山まで行くなら、このすぐ先の登山道から大明神岳経由で行くしかないよ」と言われ、そうすることに。

で、帰宅後に調べたら、それが正しいコースでした。この案内板の前が最初のエイドポイントでした。同伴者の皆さん、今回のルートが正規のレースコースでしたよ。(ちょっとショック…。きつかったもん…)

35_tozan

36_daimyojin 36_kamaishi

そこから、毒キノコが百花繚乱の登山道をヒイコラ言いながら登り、9:30釜石山に到着。かなりの土砂降りです。ずっと右手に地図を複数持って走ってるんですが、ビニール袋の中まで濡れて、貼り付く寸前の状態でした。

37_daimyojin

走れるところは走り、1.5k先の大明神岳に9:54到着。相変わらず、土砂降りだけど、寒くは無いのが幸い。5分ほど休憩。

38_a_sancyo 39_sancyo

そこから300m、ちょっと岩場を登ったりして、斑尾山頂に10:04到着~!happy02

北信五岳、3つ目制覇しました~scissors ここは、「ア地点」になります。

40_sancyo2 41_sancyo3

記念写真で~す。ここからは、万坂峠方面へ下ります。10:08発。

42_nojiri

左手に野尻湖が見えるポイントを通過し、ブナ林の中の「万坂・山頂トレイル」を進みます。進行方向に張った木の根や泥が、かなり滑りましたな~。でも、気持ちのいいトレイルが続きました。

ゲレンデの上級コースをジグザグに駆け下りるエリアでは、ZEKEさんのシューマートNIKEが、今日も鍛錬度合をアップさせていたようです。

43_sa

10:27「サ地点」を右に分岐し、「ルピナストレイル」を駆け下りますよ。

44_rupinus

黄色いお花の中を一気に駆け抜けます。dash

45_banff

10:35 第2エイド地点である、バンフに到着。しかし、自販機が全て停止状態で補給できず…。仕方ないので、スタート地点のハイジまで舗装路を600mほど戻ることに…。

46_hirokky

10:48ハイジの自販機で給水してると、お約束通りに、石川さんが登場しました~♪ 最初に菅平で一緒に走ったのが、ちょうど1年前でしたから、1周年記念顔見せ興行って感じでしょうか~。coldsweats01 (お仕事中のようだったので、とくに声はかけませんでしたが…)

47_rockgarden

11:00 バンフ近くのロックガーデンまで戻り、湿原中央トレイルに進入。

48_tsu

11:08 「ツ地点」通過。時々、けっこうな登りもあるのね。

49_ni

11:19「ニ地点」通過。ここまでの湿原では、何組か散策中の家族連れに会いました。生憎のお天気でしたね…。

50_na_2

11:21 「ナ地点」を通過して、「湿原西トレイル」へ。右手に地図持ってるので、分岐でしか写真が撮れないのだよ、すまんの!

ここから先、湿原沿いを走るような先入観があったけど、意外に山道のような急勾配のところも走ったような記憶があるぞ。

51_chi

11:33西トレイルが終わって、「チ地点」で道路に出た。

ここから、0.2+0.2=0.4kほど道路を走って

52_ta_tabun

11:36「タ地点」万坂峠から、再びトレイルに進入。案内板によって、カタカナの記号が抜けてたりするんですが、なんとか整備してもらえないでしょうかね…。

53_mansaka 54_mansaka

11:39 もうびしょびしょなんです…。露出部分も、虫さされでかゆいんです…。

55_hakama

11:47 袴湿原に到着。途中で、15名くらいの中高年ツアーさんとすれ違った。先頭と最後尾には、ガイドさんが着いてました。立ち止まって、ご挨拶しながら、やり過ごしました。

56_he

11:52「ヘ地点」到着。右へ行くと、袴湿原。今日は、左の袴岳へ進みます。

57_hakamasancyo

そこそこ頑張って、12:14袴岳山頂到着。相変わらずの土砂降りだよ~ん。

ここから、一気に九十九折を下りました。滑って危ない、危ない。

58_kashiwa

12:27 柏ヶ峠前の「ホ地点」に到着。道路に出ました。

ここから先は、コース図によると、しばらく道路を進んで、途中から分岐を左に折れて林道に合流して妙高高原まで下る、はず。

だけど、虻に追われながら爆走していたせいか、かなり遠くまで道路を走ったけど分岐がみつからず…。

霧も立ち込めてきて不安が募り、携帯のナビサービスで位置確認をしてみると、どうやら進みすぎたような気がしないでもない。

59_maigo

結局、Uターンして、「ホ地点」まで戻り、途中で合流するはずの林道の起点から下ることにした。(もう少し先まで進めば、分岐があったような気がしないでもない…。未だに正解がわからん)

でも、あそこで引き返したのは正しい判断だったでしょう。

60_kanemata

13:18「ホ地点」のすぐ脇の兼俣線から再開しました。ロス51分!

ここからは、ひたすら林道を駆け下ります。水溜りが多く、草も深くて走りづらいんですが、虻の大集団に追われてるので、本日最速ペースで、一気に里まで駆け下りました。ここで、かなり脚使った~。sad

61_sato

13:58 妙高高原、兼俣地区に下りた。奥の山から出てきました。

62_1a

林道を下る前から水がまったくなくなってたので、自販機を探すが皆無。代わりに、第3エイドかな~と思われるポイントを撮影。14:06。

地元のHさんの話で、妙高高原駅まで戻らないと、自販機ない、ということで、1kほど反対方向へ歩いて、駅前のお土産屋さんでハイドレに補給。

63_myokokougen

コーラも飲んで、リフレッシュ。でも、この時点で行動時間8時間突破。当初予定は8時間半だったのだが、この先、まだ2時間以上はかかる見込み。

すでに時刻は14:30。今日の感じからして、この先の行程を把握してるメンバーが皆無なので、迷って暗くなったり、ゲリラ豪雨の餌食になったらイヤだな~と思い始めた。

で、「(車をデポした)関川の関所で、打ち切りにしない?」と提案。皆さん、まだ余力がありそうでしたが、とりあえず、そんな老婆心の含みを持たせながら、関川沿いを様子見ながら進みます。

Sa3a0187

14:29に本来のコース上に戻り、東北電力の発電所前を14:36通過。

64_sekikawa

川沿いの小路を進みます。本当は、右岸ではなく、左岸を進むんだと思います。(勝手にダウンJOGを始めて最後尾にまわった自分でありました…。punch

02_sekikawa

14:50 関川の関所跡に到着しました。

合計44.5k。8時間36分(実際の行動時間は8時間10分くらい)でした。

もっと続けたかったかも知れませんが、中一日休んで、明日は後半戦が待ってますから。まあ、ほどほどにしておいて良かったんじゃなかったのかと…(自分だけかな?coldsweats01

やっぱり、コースミスのロスタイム合計90分が大きかったな!申し訳ないっす。

11日は、黒姫高原~笹ヶ峰~黒姫~戸隠~飯縄までの48kでございます。

朝までに大雨は止む予報なんだけど、大丈夫かしら?

(…びしょびしょの地図を乾かしてたら、記事のアップが今日になっちゃったよ…)

« もどかしいかも | トップページ | SFMT後半部試走(速報のみ) »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

昨日はありがとうございました。
うさ吉さん、Hさん、おつかれさまでした!
雨に降られたけれどカンカン照りより全然よかったですし、
久々に1日使ったトレランでロングツアーで楽しかったです〜♪
なにげにゲレンデのつづら折り登り下りも良かったです。
ホ地点ではアブに追われて暴走しちゃってすみませんでした。
写真助かります!携帯だけど鮮明ですね。
復習に使わさせていただきます!
本番は分岐や迷いそうなところに標識がつけられるのでしょうけど、斑尾って難しいですね〜。
もし一人で試走してたら途中早い時点で萎えてましたね。
みんなでまわれることができて本当によかったです。

明日の後半部分もよろしくお願いします。
戸隠の宝光社から中社の通行止めも解除されたもようです。
明日も散発的に降るかもしれませんが、エスケープしやすいところなので大丈夫かな?
それではまた明日〜。

お疲れ様でした~。
まだまだいけそうでしたね。
虫さされ跡が、相当かゆいんですけど…。
明日はロングタイツかな…。

あ、一応、ハッカ油をゲットしときました。
明日、試してみま~す。

おつかれさまでした。
なかなかお役にたてませんで申し訳ありませんでした。悪天候ながら楽しませていただきました。急遽、11日の試走も参加表明してしまいまい全身筋肉痛ですが、よろしくお願いいたします。

Hさん、お疲れ様でした~。
エイド車に、ポリタンクで水まで用意して頂きまして、感謝です。
 コースロスなければ、黒姫高原まで辿りつけてましたね!
明日、お天気回復しそうで良かったです。
よろしくです。

土曜日の斑尾ツアー、ワタクシは中途離脱でしたが、アブ・ブヨ攻撃には容赦なくさらされました。
それ以上に不純な、いや不順な天候のもと長丁場の試走お疲れです。

Kuroさん、どもです。
斑尾は、防虫強化区域に指定されるべきかと存じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/45886984

この記事へのトラックバック一覧です: SFMT前半部試走 結果的にプチアレンジ44.5k:

« もどかしいかも | トップページ | SFMT後半部試走(速報のみ) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影