« 第16回野辺山 途中下車の旅 その壱 | トップページ | 第16回野辺山 途中下車の旅 その参(結) »

第16回野辺山 途中下車の旅 その弐

なんとか連日更新中…。pencil

---------------------------------------------------

【42k 八峰の湯デポ】発予定:4時間25分00秒 実測:4時間02分58秒 (貯金:22分02秒)

 昨年までは、視界に入ったランナーを全員パックマンする勢いで駆け下りたこの区間だが、今回はトレイル対応シューズのまま、スピードも若干控えめに走った。
チアガールの応援に手を振りながら、先行するランナーに余計なプレッシャーを与えないように間隔を保ちつつ下って行く。
45k通過までの3kが16'02と、玉砕覚悟の去年よりも50秒もゆっくりだった。
でも、足底筋にちょっと違和感を感じ始めていた。もっとも、ウルトラを走って、どこも痛くならない人間は、たぶん一人もいないのだけど。

【45k地点】予定:4時間41分00秒 実測:4時間19分00秒 (貯金:22分00秒)

 国道の信号が赤に変わってしまったので、減速して手前のエイドで小休止。コーラを2杯頂いて、苺とブドウを食べたと思う。
 信号が変わると同時に、集団の先陣を切って脱兎のごとく飛び出し、踏切を渡り、橋を越え、田園風景の中をひた走る。野辺山では貴重なフラット区間なので、ついついペースが上がりがち。でも、これが良い気分転換になるのだ。
 徐々に先行する小グループに近づいて、何気なくナンバーカードを見ると、なんとEnjoyLifeさんだった!今回は10時間30分目標とのこと。
 「こんにちは~♪」と挨拶を交わし、「ちょっと貯金が多めに出来たけど、足底筋がちょっと痛みます~」というような近況報告をして、そのまま前へ。

 小海の手前の信号をクリアすべくペースアップしたのだが、今年も直前で赤信号になっちゃった…。係のおじさんと、「去年も引っかかったんだよね~」「ま、先は長いからね~」とお喋りしながら待機。
信号が青に変わるや否や、再び飛び出し(←性格なのね)、小海エイドの蕎麦テーブルへ一直線。

 さ~皆さん、ご飯の時間ですよ~!bell
「蕎麦やうどんは一人一杯でお願いします」とスタート前に聞いてたけど、スタッフさんが開口一番、「ダブルでいかが?」と尋ねるもんだから、「お願いします!」と即答し、大盛で一杯頂戴した。この時間帯は、蕎麦の椀>ランナー数 という関係なのだ。
 去年までと違うのは、この時間、まだサブ10を狙える可能性がギリギリあるってこと。そんなわけで、周りのランナーの滞在時間が短い。
 一方、自分はというと、蕎麦を食べた後、味噌汁→おにぎり→ココア→オレンジとフルコースを満喫。しかも、おにぎりの選択に当たっては、色違いの具の中身を全部尋ねて、じゃあコレ頂戴!って感じで鮭をチョイスする真剣モード。riceball
気が付いたら、周囲の顔ぶれが、一緒に到着したランナー達とはすっかり変わっていた。coldsweats01

【50k 小海エイド】着予定:5時間05分50秒 実測:4時間42分55秒 (貯金:22分55秒)
            発予定:5時間10分00秒 実測:4時間48分24秒 (貯金:21分36秒)

 食事も終わったところで、燻る気分を騙しながら、辛うじて後半線へと突入。率直に申し上げて、私、食べ過ぎました…。お腹が一杯です。身体が重いです…。
気分的には、楊枝でシーシーやってるおじさんモードでノロノロ進んでます。
気温もだいぶ上がってきた。sun
ほどなく到着した、お馴染みのお婆ちゃんのエイドで、例のモノを足に擦り込もうかちょっと躊躇。「これを使えば完走できる」というジンクスを壊したくなかったので…。(この時点で、やっぱり途中離脱を意識している後ろ向きな私…)punch

 私設エイドのお水も頂いたりして、毎年恒例の野辺山の風情なんだけど、いまひとつ他人事というか、うわの空というか、どうも目標達成の執着心が湧き上がってこない。
 ペース的には文句ない内容で、順風満帆のはずなのだが、全く気持ちが盛り上がらない。
それでも、淡々と走り続けてはいるので、それなりに疲労も感じるようにはなってきた。
自分では、覇気がないな~と思ってたけど、あとからラップを見てみたら、実は計画よりも1分速いペースだった。

【55k地点】予定:5時間40分30秒 実測:5時間17分49秒 (貯金:22分41秒)

 川又分岐の手前のエイドに着くと、カメラを提げたおじさんに話しかけられた。
「まだまだ元気そうだね~!」
 …意外だった。そういう風に見えるのか…。本当にテンション下がりまくってんだけど。
「まあ、まだまだ先がありますからね」と当り障りなく答えると、「いや~、でも、さっきからここを通過する100kランナーは、みんな元気だよね~。71k組より、よっぽど元気。かなり速いタイムの人達だからかね~?」。
ふ~ん、そうなのか…。全然実感ないんですけど、自分。

 今になって考えると、稲子以降、区切りでラップボタンを押してはいるものの、そのタイムをほとんど確認していない。自分の皮算用に対して、どの程度のアドバンテージがあるのか、このペースで行けば、ゴール予想はどのくらいになるのか、ってことを、ほとんど気にしていなかった。

 たぶん、どこで中断しようかな、しか考えてなかったような気がする。そのくらい気分が塞ぎ切ってたんだと思う。

ま、一言でまとめると、「かなり前から楽しくなくなってた」って状況なのだった。野辺山大好きだった、この自分が…。down

 さて、ここから北相木までの折り返しは、唯一先行ランナーと擦れ違える区間だ。
ほかに楽しみもないので、下ってくるランナー(と言っても、ポツンポツンとしか遭遇しない)を観察しながらトコトコ進む。

 見覚えのあるランナーで最初に遭遇したのは、ハリ天狗さん。去年は序盤でお喋りしたけど、覚えてないだろうな~と思いつつ、とりあえず「こんにちは!」。

しばらくすると、高社山の緑Tシャツを発見!daniさんだった。右手を上げて声を掛けた。

まもなく、やまとうまさん登場。「オ~!」と手を振ると、「71kで終わりにしま~す」とのこと。すかさず自分も、「俺もそろそろ終わり~」と本音でお返事しちゃった。

 このピストン区間、初出場の際は、どこまで続くか見当がつかなくて、精神的に辛かった。
去年は、リタイア寸前の状況だったけど、それでも前年よりは短く感じた。
で、今年。モチベーション下がってる割には、さらにさらに短く感じられた。
神社脇の私設エイドにも直ぐに到着しちゃったし、道路の反対側の60k地点も早く現れたし。
冷静に考えると、毎年まだまだ進化してるってことなんだな。(メンタル面は別として…)

そんな感じで、時折歩きも入ったかもしれないけど、ほぼ走り通して北相木エイドへ到着した。

【59k 北相木】着予定:6時間04分00秒 実測:5時間41分21秒 (貯金:22分39秒)

« 第16回野辺山 途中下車の旅 その壱 | トップページ | 第16回野辺山 途中下車の旅 その参(結) »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/48411428

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回野辺山 途中下車の旅 その弐:

« 第16回野辺山 途中下車の旅 その壱 | トップページ | 第16回野辺山 途中下車の旅 その参(結) »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影