« 野沢温泉マウンテントレイル 赤滝-毛無山セクション試走(2) | トップページ | ジビエではない »

野沢温泉マウンテントレイル 赤滝-毛無山セクション試走(3)

赤滝を越えると、毛無山頂へ向けて、あとひと踏ん張りだ。

31_green

一瞬、樹林帯を抜けると、初夏の陽射しを浴びる。緑が鮮やか。

33_nemagari

トレイルの真ん中に、ニョキニョキとネマガリダケが自己主張しとる。

34_jungle

ここまで、倒木は何箇所もあったけど、ここは、幹に塞がれているのではなく、立派に張った葉を付けた枝によって道が遮断されている。通り抜けられそうな隙間がみつからない。

柔らかそうな枝をひとまとめにして持ち上げ、出来た隙間に上体を潜らせる。

背中のザックが引っかかる。跳ねた小枝にピシッと顔を叩かれる。ジタバタもがきながら、強引に通過に成功。

35_kintaro

それを見ていた弐号は、最初からザックを腹に抱えてクリア。

金太郎みたいだけど、理にかなった作戦だ。

36_trail 37_flower

トレイルの道幅が少し広がった。日当たりが良くなって、お花の種類も増えてきた。

32_iwakagami

ここから先は、ずっと登りが続く。山頂まで高度差150mくらい。高度計を見ながらグイグイ進む。面白いように標高が上がっていく。

38_one

尾根に出た!この少し前から、弐号が遅れ始める。

39_trail 40_trail

尾根に出てからは、時折平坦なトレイルにも出会った。

41_flower 42_tamushiba

左はツツジの仲間かな?右はタムシバと思われる。途中のトレイルにも、花びらが沢山落ちてた。

43_nobody

「オ~イ」と叫んでも返事が来ないほど離れてしまった弐号を待っていた。しばらくして、疲弊した様子で登場。

43_tobo_3

このところハイカーモードになっていたが、これからの登山シーズンも、LSDだけはしっかり継続しようと決意したようだ。そう実感したのは収穫だ。

44_ant

山頂のアンテナが見えた~!

45_flower

また後ろと間隔が開いちゃったので、お花を撮影して時間調整する私であった。

46_soon

ここを駆け上がれば、山頂に出る予感。|゚з゚)

47_top_2 48_goal_2 

山頂に到着~。happy02 標高1650m。風強し。肌寒い。

49_sutaka

リフト終着駅から、巣鷹湖を見下ろしてみる。セクション3で通過するポイントなのだ。

50_lunch_2

とりあえず、給食。そういえば、途中、休憩してなかった。(一応、試走だから、いいよね…、と言い訳してみる

51_gelende

本来のルートと方角が違うが、ゲレンデを駆け下りて、奥志賀林道(502号線)へ出ることにした。

52_okushigarindo 53_road

舗装路のラン。熊鈴を鳴らしながら駆け下る二人連れに、時折すれ違うタケノコ採りの散策者が振り返る。

54_bamboo 55_station

ゴンドラ山頂やまびこ駅へ到着。標高1400m。ここが、関門兼エイドステーションになる。

さて、ここから「風ごうろ」(風穴)を通って、再びゲレンデのスカイラインコースへ合流するというのが本来のルートだと思うのだが、同じようなゲレンデばかりで自信がない。

56_dir

とりあえず、最終的にはスカイラインコースを下ればいいんだけどね。

57_tenbodai

展望台まで登り返してみたが、結局、ストレートにスカイラインコースを進むことにした。

58_skyline 59_rindo

雪がなければ、ただのジープ道でっせ…。

60_rindo

草ボーボー。

61_skyline

お、スカイラインコースの片鱗が…。∑(=゚ω゚=;)

この先まで続く急勾配を駆け下りて、途中で左へ分岐するカモシカコースからロードへ降りた。

62_road

でも、あとで再確認したら、「風ごうろ」を経て、このカモシカコースからスカイラインに合流するのが本ルートのような気がする。

63_road

スキー場の南端のリフトに沿って、柄沢ゲレンデ方面へ続くロードを激走。

たぶん、本当は、ウサギかタヌキのどっちかのコースを下って、このロードに繋ぐのだと思う。

64_yamanokami 65_marret

「山ノ神」前を走りぬけ、無数のマレットゴルフ場の中の花畑を通過して、

66_field

トレッキングコース(というか畑道)を通って一本左側の道路へ出ると、

67_finish

登り返したところにオリンピックパークがあった。無事到着。

コースミスなければ、19km前後の道のりでしょうかね。この日は、20km以上かかってますが…。

68_maguse

そのあと、野沢の外湯は車で移動するのが不便なので、回数券を持ってる馬曲温泉へ。

69_soba

最後は、「山愚」の十割蕎麦で〆。お疲れさんでした。

GoogleEarthと重ねたら、本来のコースとミスしたポイントが理解できたような気がする。

G_earth_sec2

梅雨の晴れ間を狙って、セクション3(約30km)も一応走ってみるつもり。今度は単独行で。

« 野沢温泉マウンテントレイル 赤滝-毛無山セクション試走(2) | トップページ | ジビエではない »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/515694/48639043

この記事へのトラックバック一覧です: 野沢温泉マウンテントレイル 赤滝-毛無山セクション試走(3):

« 野沢温泉マウンテントレイル 赤滝-毛無山セクション試走(2) | トップページ | ジビエではない »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影