« 大安吉日無事建立 | トップページ | 別に僕は途方にくれない »

10日後のforecast

あと10日で、野沢温泉マウンテントレイルの本番だ。

普段だと、試走もしたことだし、この辺りで皮算用を作ってみたりするのだが、今回はカメラマン業務がメインなので、成り行き任せの展開になりそうだ。

全行程を走破するつもりだが、お仕事優先なので、記録は二の次なのだ。

そうは言っても、大体の行動パターンを掴んでおきたいと思って、ディレクターさんに問合わせしてみた。

が、先週末に行なわれた、同じくスズキとサロモンの水上アドベンチャーレースの編集作業に追われていて、細かいカメラ割りは、これから決まるということだった。(水上のヒルにはやられなかったようだが、ヤブ蚊の後遺症がひどいらしい…)

野沢の現地調査には何回か行くようだったが、試走の様子を聞かれたので、「山頂に三脚担いでいくなら、こっちのルートのほうが楽ですよ~」とか、「あそこの区間の、あの滝の絵は外せないでしょう!」みたいな感じの感想を伝えておいた。

で、レース当日の自分の行動パターンは、ざっとこんな感じになるような気がする。(一部想像)

<Sec1> 
 最後尾からスタートし、タレントさんの伴走しながら温泉街を抜けて、赤滝登山道の途中まで密着モードで進む。
 そこから先は一人旅で、登山道途中のレースの様子や河、鎖場、滝などを撮る。山頂からの復路の風穴などを撮る。

<Sec2>
 小菅神社の裏側辺りの、固定カメラの入りづらい区間の絵を撮る。

<Sec3>
 カメラを下ろして、お役ご免。フリーの状態で挽回モードで巻き返す。(…だったらいいな~)

昨年に引き続き、今年も制作会社の大部隊の皆さんと、大部屋でゴロ寝させてもらうことになった。

翌日の65kmレース、(それも、場合によっては炎天下の)を考えると、睡眠不足だけは避けたいところだ。
 アイマスク、耳栓などを持参し、(数少ない)布団の争奪戦をいち早く勝ち抜けなければならない。

熱いぜ。

« 大安吉日無事建立 | トップページ | 別に僕は途方にくれない »

ウルトラ/トレイル」カテゴリの記事

コメント

寝袋、お貸しします。
あの状況ではシェルターも必要。

ご厚意に感謝します!
おかげさまで、山用品は潤沢に揃ってますです。(自分のじゃないけど…)

個室を取ろうかとも考えましたが、最初から覚悟を持って臨めば道は開けのかな、と。(甘い?)

この記事へのコメントは終了しました。

« 大安吉日無事建立 | トップページ | 別に僕は途方にくれない »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影