« そうだ、青梅に行こう | トップページ | 迷子のお知らせ »

鴻巣パンジーマラソン

世間的には珍しい、土曜日開催のハーフマラソンに初出場してきた。

土曜日に仕事休んだの、正月以来だ…。

金曜にマイカー出勤して、いつもより早めに仕事を切り上げ、そのまま高速をぶっとばして熊谷へ。
大音量のJAZZの洪水とナイトクルージングで、良い気分転換になった。

咽喉の調子が悪いので、ビールも飲まずに就寝。

朝、やっぱり咽喉痛いけど、とりあえず、ここまで来たら出場せねば。
昨年は駐車場が一杯でスタートに間に合わない人が続出したらしいので、受付開始40分前には現地着。最寄の駐車場を確保した。

本来は、今シーズンの集大成になる予定だった再来週の板橋cityマラソン前の調整レースでエントリーしておいた今大会。

が、1月、2月と100kmそこそこしか走れず、勝田は30km、青梅も21kmくらいまでしかスタミナが持たなかった。(要するに、脚のスタミナが通常時の30%減まで低下しているという計算。←わかりやすいな、俺…)

その流れで行くと、ハーフのレースペースだと15kmくらいまでしか維持できない、という悲しい推論が成り立ってしまうので、今日は、とりあえず、イーブンで走り切ることが唯一のテーマ。

本格的なトレーニング再開は入梅頃から、という中期計画なので、いまは、時々レースに出て運動能力の把握だけ出来ていればよい、と割り切っている。

「ハーフ1時間半でも厳しいのでは…」、という心構えだけはしておいた。

全天候トラックの陸上競技場がスタート/ゴール。タータントラック萌え~。ややテンション上昇。

9時半スタート。直後に前方で転倒事故発生。自分は巻き込まれなかったものの、よろけた隣のランナーから、いきなり右頬にパンチをくらった…。痛。

これで覚醒したのか、1km通過がロス込みで3'50。速過ぎでしょ、これ。sweat02

減速開始。

つぎの1kmは、3'59。(もう少し落とさないと潰れるよ…)

3km地点は4'17。(まあ、こんなもんかな)

コースは完全に平坦だけど、直角のコーナーがやたらと多い。
そして、風がかなり強い。障害物のない田園地帯では、かなりの向かい風を感じた。

5km通過。20'10(@4'02)。

あまり時計は気にせず、レースの雰囲気を楽しむ。
強烈なアゲンストの風を避けて、長~い一列縦隊で進んだり、後ろから追い上げてきたランナーを風除けにして前の集団に追いついたり、駆け引きゴッコにしばらく没頭した。

徐々に気温も上がり始め、日向で手袋を脱ぎ、向かい風ではまた装着し、こまめにフロントジップを上げ下げし、体温調整に忙しい。

給水は、6km以降、9km,13km,19km地点に水とスポドリあり。適度な間隔だった。

気がつけば10km地点:20'17(@4'03)

意外とそれなりに走れていることにビックリ。でも、15km過ぎるまでは疑心暗鬼。

折り返したら追い風になるのかな?との淡い期待も虚しく、なぜか常に向かい風を感じる。

相変わらず先行者を風除けにしていたが、周囲のペースが明確に落ち始めてきていた。

記録狙いに来てるわけでもないし、きっちりペース走をやりに来てるわけでもないけど、こんなところで温存してても仕方ないよね、と思い始める。

さっきまで引っ張ってもらったお兄ちゃんに「今度は俺が引っ張るよ!」と右手で合図を送り、先頭に立ってペースアップ。

前を追い始めると、序盤に先行していた見覚えのあるランナーが、どんどん視界に入ってくる。

自分が追い抜くと、風除けにしようと、後ろにピッタリついてくる。気がつくと、7~8人の集団になってた。

15km地点:20'53(@4'11)

このあと、「残り5km」の表示が現れる。

残り5km地点:4'41(@4'16)(1.0975km)

ここまで来たので、ようやく最後まで走りきれそうな実感が湧いてきた。

でも、ペースアップするつもりもなく、このままの感じで最後まで行くことに。
(なにしろ、練習不足なので、レース後のダメージが一番の不安材料なのだ)

あまり頑張っている意識はないのだけど、呼吸音は大きくなってきたみたい。心肺機能も低下してるってことだろう。

でも、カメラマンさんには、良い笑顔でポーズすることが出来た。

残り4km地点:4'12(@4'12)

ようやく向かい風を感じなくなった。(ってことは、たぶん追い風になったってことだ)

周りのランナーの数はかなり減ってきた。

残り1km地点:12'13(@4'04)

ラストスパートはしてないけど、周りのランナーがそういうモードになってきたので、なんとなく自分のペースも上がってたみたい。

最後は、競技場のトラックを200m走ってフィニッシュ。やっぱり、全天候トラック萌え~、でニヤニヤしてた。

最後1km:3'55(@3'55)

記録:1時間26分23秒(4'06)

思ってたよりは走れたので、現状を考えれば満足度は高かった。やっぱり、ハーフマラソンまでは誤魔化せちゃうんだよね。
(裏を返せば、ハーフが走れても、それだけじゃフルマラソンは無理、ってことなんだけど)

相変わらず風は吹いてたけど、気温は高かったので、軽くトン汁を頂いてから、駐車場内でダウンJogやら整理体操などを充分に行なえた。
(あまりにも近い駐車場に停めたので、レースが終わるまで車を出せなかったのだ…)

帰路、激しくなった咽喉の痛みに耐え切れず、東松山ICへ向かう途中で風邪薬を飲んだ。
ときどき仮眠しながら帰ってきた。

明日の日曜日まで天気が良さそうなので、咽喉の調子が良ければ、起伏の峠道を5~6時間ほどゆっくり走ろうと思う。啓蟄だしね。

« そうだ、青梅に行こう | トップページ | 迷子のお知らせ »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

あ、パンジーか!
バンジーかと思ってガッーーと行ってビニョーウンって戻るのかと思ってしまった・・・。
体にご自愛ください、未だ春の来ない我が家・・・。

移動の勢いは、ガッーーと行ってビニョーウンって戻ってきました…。
私の現役時代も、確か3月20日頃が発表でした。それから部屋探しとかするのって、よく考えると尋常じゃないっすよね。

この記事へのコメントは終了しました。

« そうだ、青梅に行こう | トップページ | 迷子のお知らせ »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影