« 午前様 | トップページ | 晴耕雨読 »

第12回高田城ロードレース

3ヶ月ぶりのロードレースだった。

前日の土曜日も休日出勤だったのだが、たぶんこれで仕事関係は一区切りついた(と思いたい)。今後しばらく、週末は休めるような期待をしている。
そんなわけで、「秋に向けて、これからビシバシ身体を鍛えまっせ~!」モードの初日は、いきなりロード21km体力測定である。

今回は弐号も一緒。
朝、上越高田へ向かう途中、妙高高原のコンビニに寄った所、いきなり福茶庵のマスターとバッタリ出会った。これから山菜採りだってさ。
6時半に現地着。散歩してからプログラムをペラペラしてたら、管理人TさんとS沢さんの名前を発見。ぐるっと見回したら、スタンドのすぐ上に居たので、ご挨拶。
その後、2kmほどアップJogをしてから、駐車場と公園の間で流しを入れていると、妙高のHさんに遭遇。去年のこの大会以来、1年ぶりだったかも。

本日のレースの目論見。

  • まともに走っていないので、記録は望めない。
  • 最初の1kmを3分台で突っ込まない。(確実に昇天する自信あり)
  • 前半突っ込み過ぎても、途中でやめない。 (←前科あり coldsweats01 )
  • それでも、1時間半くらいではゴールしたい。
  • どのくらいのレベルまで落ちてるのか把握することを最優先にする。

で、スタート時の整列。最初にトラック2周するので、中途半端に前のほうに並ぶとアドレナリンが出て戦闘モードに入ってしまう。よって、かなり控え目な位置取り。

どこがスタートラインか不明なまま、とりあえず号砲に合わせて計測開始。
毎年、諏訪湖マラソンでよくみかける駒ヶ根のおじさんの背中を見ながら、「この選手を抜かないように」と自分に言い聞かせて進む。
1km通過:3分56秒…。(まあ、誤差の範囲だろう)
2km通過:3分56秒…。(ちょっとペース落とそっと)
3km通過:3分57秒…。(ホントに「ちょっと」しか落ちなかった…)

このペースで最後まで走れる練習は、半年以上してない。このまま維持できる根拠はゼロなのだが、一度巡航速度がロックされると、ペース落とすの難しいんだよね。
でも、無理矢理落とす。完走しないと、お昼に寿司を喰えない約束をしてきたのだ、弐号と。
5km:20分丁度くらいで通過。

朝は涼しくて曇りがちだった天気が、スタート前から太陽が元気になっていた。この大会、いつも、暑さと田んぼエリアの無風状態が鬼門なのだ。(で、今日は非常用にウエストポーチにフラスコ入れて、クエン酸ドリンク持参)

10km:ボロが出始めて、40分30秒くらいで通過。この時点で、自分に見切りをつける。
いきなり完走狙いにシフトする。(この給水所付近で、名前を呼んでくれた女性の方がいたような気がする…。どうもありがと

一気にペースを4分30秒くらいまで落として、2kmほど手を抜く。どかどか抜かれた。当然だ。でも、まあ、こんなもんでしょ…と妙に納得。なにしろ、トレーニングの後ろ盾が皆無なもので…。

しばらくそんな感じでいたら、ちょっと余裕が出てきたので、沿道の声援に手を振りながら、4分20秒くらいまで盛り返す。
途中、脚の故障で管理人Tさんがリタイアされていた。

去年からのコース変更で、高架橋を下って登るところでオールスポーツさんがいきなり出現。あまりにも近すぎてポーズ取る暇がなく、無念。

残り3kmくらいで計算したら、ちょっと頑張れば、とりあえず1時間半は切れそうな気がしてきたので、それを目標に走る。なんだか、初ハーフの時みたいで、ちょっと新鮮だった。

今回は参加者が少なかったのか、この付近の選手があまり多くなく、前も後ろもそこそこ間隔が空いていたような気がする。

最後は、トラック1周するのか、直線でゴールだったのか記憶が定かでなく、とりあえず真剣に走った。
でも、最後の1kmのラップは4分切れてなかった。まあ、こんなもんでしょ…。

最後は直線ゴールでホッとした。1時間29分18秒(@4'14)ということで。

その後、弐号も無事ゴールし、無料温水シャワーを浴びてから、ランチタイムへGO!

02_sushi
04_sushi

昼ビール中ジョッキは弐号で、自分はノンアルコール。上寿司、中チラシ、地魚まぐろ盛で満腹。(一応、先月の記念日分も兼ねているので、ちょっと贅沢…。本日の二人のタイムとご馳走は全く関係ありません。念のため… sweat01 )

【本日の成果】

  • これからのトレーニングに向けて、モチベーションが上がった(=トホホな状態をしっかり思い知った)
  • 走後、生まれて初めて「足首が攣る」という体験をした。
  • 前髪の汗でサングラスの視界が汚れるのを防ぐため、初めてサンバイザーを着用してみた。効果あり。キャップのように頭に熱がこもらない点がよい。
  • たかがハーフマラソンで、足の爪が3本ほど浮き気味…。ひ弱なのね。

« 午前様 | トップページ | 晴耕雨読 »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。
そうですね、ちょうど1年ぶりかと。
ブランクある状態で30分切りですか。さすがです。
私はと言うと、最後尾スタートから30分切り狙いが見事に撃沈!
レース後雨雲が気になったので、レースに勝る勢いで自転車飛ばし
無事自宅で祝杯です。

妙高のHさん、お疲れ様でした。
ただいま長野は猛烈な雷雨に見舞われております。
レース後でよかった~。

この夏は、たまにはトレイルにも踏み込んで脚を作ろうと画策してます。また宜しくお願いします。

諸事情であまりレースに参加できない日々が続いております。
妙高近くのトレイルにお出かけの際は、お声がけください。

ありがとうございま~す。
その際は宜しくお願いしま~す。

高田城ハーフお疲れ様でした。
トレマンでお世話になっているG沢です。

プログラムでは、拝見していたのですが、
妙高のHさん・うさ吉さんご夫妻に会場では、
お行き会いすることなく、スタートし、
相変わらずの闘争心全くゼロの私は、
のんびりゴール。そのころには、うさ吉さんはきっと、美味しい祝杯挙げているころだったでしょうか(笑)

私の走っている周辺では、熱中症?で、救急車が、いたるところで出動していましたが・・・

また、いつぞやのツアーでお世話になりますが、よろしくお願いします。

暑い中お疲れ様でした。

私は10㎞過ぎに左膝痛が悪化してあえなくリタイアしました(涙)
なので、今回は自分の中では10㎞レースだったと位置づけています(爆)

走った後の寿司美味そうですね!
中ジョッキは弐号さんで、うさ吉さんはノンアルコールだったとは…
家内と爆笑してしまいました(失礼)

GOMIMAYU様、お疲れ様でした。
しっかりプログラムの名前は確認しておりましたよん。
昨年の暑さに比べればかなりマシだったと思いますが、今年は、開会式前までは絶好のコンディションだっただけに、「こんな~はずじゃ~なかったよね…」とトシちゃんでも口ずさみたくなる気温上昇でしたね。

また宜しくお願いしま~す。

T木様、お疲れ様でした。
膝の具合はいかがでしょうか。
私は、なんだかんだで毎年このレースに野辺山後のスピードシフト目的で参戦しております。
今回トホホなタイムでしたが、秋にはひと花咲かせたいと思っておりますです。ハイ。
弐号の中ジョッキは、一応、私が(強く)勧めました。ホントです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 午前様 | トップページ | 晴耕雨読 »

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影