« 朝飯前長野北部周遊とミカカ | トップページ | 浅間の草花 »

浅間山トレッキング

山道をまともに歩くのは、去年のSFMT以来だったかも。

んな状況なので、このカテゴリーの記事は、金のエンゼルよりも出現頻度が低いような気がするw。

朝。町内の側溝掃除を終え、自宅を出たのが6時半。浅間山荘天狗温泉に着いたのが8時過ぎ。
群馬との県境は夕方前から天気が崩れそうな予報なので、サクサク回ることにする。

今回の山行は、弐号ちゃん計画への便乗なので、自分は前日夜にコース図にざっと目を通した程度。
今日の目的は、高所順応と山道の登り下りの感覚を思い出すことなので、とくに走る予定は無い。
本日のルート:浅間山荘~火山館~浅間山(前掛山ピストン)~Jバンド~仙人岳~蛇骨岳~黒斑山
~草すべり~火山館~浅間山荘。目安は、休憩含めてコースタイムの60%、6時間くらい。

8:20 出発。温泉の駐車場には、ツアーバスも停まっていたが、時間が時間なので、自分達以外に人影なし。
久しぶりの山道を一歩一歩踏みしめながら、不動滝沿いを進み、合流地点からは薪を担いで火山館へ。

Cimg0933_2 028

9:25 火山館着。途中で道を譲ってもらったグループと少し会話を交わし、浅間山へ向かう。
Jバンドへの分岐を直進。一瞬ポツポツ降ってきたが、なんとか持ちこたえてくれた。
ほぼ一日、浅間山はガスの中。

Cimg0955 Cimg0958

強風に震えながら、黙々と登山道を進む。お尻の筋肉が良い感じで使えているのがわかる。久しぶりの山登りは、それなりに良い負荷がかかってたみたい。腹減ったので、ソイジョイもぐもぐしながら登る。(給食訓練?)

10:14 立入禁止エリアに到着。このままロープ沿いに迂回して、前掛山(2524m)へ。

Cimg0961 053

前掛山へ向かう尾根は、日が当たるとポカポカ感じることもあったが、でも、終始、強風で帽子が飛ばされそう。
10:28 山頂でツーショット撮ってもらったけど、鼻水出てるような…。 

054

シェルターまで戻って、風を避けながらちょっと休憩。前日に用意した、クルミやチーズ中心のパンが美味しい。
あとから続々と登山者の一団が到着。初対面の人とのお喋りも楽しい。

057

10:47 下山開始。擦れ違いは、しっかり脇に避けて静止。何組かをやり過ごし、最後にツアー客の団体さんとすれ違った。
登山者が途切れたので、500mくらい小走りしてステップを踏んでみた。い~んじゃない。

11:06 分岐まで戻り、賽の河原へ。相変わらずガスに包まれて、浅間の下半身しか見えない。一瞬だけ、さっきの団体さんが登山道を登っていく様子が見えた。カラフルな蟻の行列みたいだった。

Cimg0988 Cimg0997

左手に聳え立つ岩山を登る。険しそうに見えたけど、登り始めたら、呆気なかった。岩のオブジェを抜けて、11:29 Jバンド制覇。
浅間の反対側には、田園地帯が広がってた。

066 071

ここからしばらく、ゴツゴツした尾根を伝って、仙人岳(2319m)へ向かう。11:49通過。眺望なし。
10分後、蛇骨岳(2366m)通過。

Cimg1010 Cimg1017

時々、ガスの切れ間から浅間の一部が姿を現す。しばらく待ってみたけど、諦めて先へ進む。

蛇骨岳から先は、泥濘んだ細い登山道を進む。ぼんやりしてると、両側から突き出した枝に攻撃される。

トコトコ進んで、12:16 黒斑山(2404m)到着。
晴れていれば眺望抜群らしいが、「何も見えね~」状態である。狭いエリアで大勢が休憩してる。自分達も腰を降ろして残りの昼食を食べる。

Cimg1018 Cimg1021

12:26出発。泥濘の度合いが増した道を、トーミの頭へ向かって進む。12:35着。下から見上げると景色がよさそうなのだが、登ってみると、やっぱり「「何も見えね~」だった。単独行の陽気なおじさんとしばらくお喋りし、少し戻って草すべりから下る。12:41。

急斜面が続くが、景色は良いし、いろんなお花も咲いていた。弐号ちゃんも満足そう。時々、花を写真に収めながら、のんびり下る。(お花の写真は別途掲載予定)

雲の流れが速くなり、浅間がもう少しで全容を現しそうな気がして、しばらくカメラを構えて待機。
でも、このくらいが精一杯だった。

Cimg1034 Cimg1036

再び下り始めると、浅間の登山道で遭遇した何組かのグループと擦れ違った。単独行の人ほど、愛想がいい。
回ってきたルートを答えると、「速いね~」などと驚かれる。速けりゃいいってもんでもないけどね。

分岐まで下り、まもなく火山館着 13:12。朝方ここで一緒になったグループとまた遭遇。遠くから来てるみたいで、浅間往復だけで早めに切り上げるらしい。自分達は、時間に余裕があるのでゆっくり休憩することに。
「また追いつかれちゃうけど、お先に~」と言って先発して行かれた。

13:21 ペットボトルの紅茶を飲み干し、腰を上げる。帰りは、薪も担いでないし、下りだし、サッサと脚が進む。もう一度、滝の傍を歩きたくて、往路と同じ不動滝ルートを選択。森、滝、小川、苔、岩、花。気分爽快。

Cimg1053 Cimg1043_2
道草しながら、時々軽いステップを踏んで、岩の隙間をぴょんぴょん飛んでみたり。

14:14 浅間山荘到着~。結局、雨の心配はなさそうだった。
全行程約19km。5時間54分。ほぼ予定通り。眺望がもう少しあれば最高だったが、それなりに有意義な山行だった。

がら空きの温泉で汗を流し、駐車場で珈琲を沸かして飲んで、帰路に。
下界は暑かった。道の駅で食べた、くるみソフトクリーム、美味しゅうございました。

Asama20110703_2  Asama_ksml Asama20110703vt2

« 朝飯前長野北部周遊とミカカ | トップページ | 浅間の草花 »

山歩き 山登り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影