« つくばで距離走 | トップページ | やっぱ野辺山でしょ »

福岡国際マラソン

生中継で観られて良かった!

マスコミ的には、戦前から川内君メインの扱いだったが、当の本人は、事前の取材で「東京マラソンの調整」と言い放ち、陸連関係者は歯ぎしりしてたとか、してないとか…。

自分の予想では、前田、今井、ダークホースで中国電力の岡本あたりが出てくるのかな、と思っていて、実際、30km辺りまでは、この3人が日本人トップ争いをしていたのだが…。

川内君は、キロ3分ペースに付いてこられず後退したものの、サフロノフをペースメーカーにして、相変わらずしぶとく粘ってるね、なんて言ってるうちに、どんどんその姿が近付いてきて、36km過ぎに、今井と前田の脇を一気に抜き去ってしまった。躊躇なく、一気抜きだった。
鬼気迫るものがあった。

そのあとの三つ巴状態も、給水ポイントを利用しての38kmからの再スパートで前田を振るい落とし、今井のスパートには逆スパートで返り討ちにし、そのまま追い込み続けて日本人トップでゴールしてしまった…。

痺れまひた。

もう一度、今井が意地を見せて来るかと思ったのだが、みるみるその差は開いてしまった…。その違いは何だったのだろうか。

何はともあれ、観ている分には大変面白いレースだったことは間違いない。

が、いつまでも川内君の後塵を拝しているわけにはいくまい。

川内君への取材の10分の一でいいから、藤原新のアプローチにも注目してやってくんないかな…。

« つくばで距離走 | トップページ | やっぱ野辺山でしょ »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影