« 12月の赤い月 | トップページ | 古戦場発着LSD »

谷川真理ハーフに初参加

3年ぶりの荒川の向かい風に翻弄されてきた。

一昨年、昨年と、荒川市民マラソン(板橋シティマラソン)が中止になっていたので、この河川敷コースを走るのは3年ぶりだった。

参加者1万人を越えるこの大会。エントリーがやや遅めだったので下流に向かうBコースの第1ウェーブでスタート。Bコースは、下流に向かって進み、折り返し後、強烈な向かい風を受けながら上流に戻る展開で、3月の板橋シティマラソンの良いシミュレーションとなる。

申告タイム別に、10:00から15分間隔で、AコースとBコースが同時スタートする。

スタート後、1kmちょいで谷川真理さんに追い付いた。どうやら、1時間半ペースで走っていたらしい。

スピード練習へのシフトが予定より2週間遅れなのだが、この時期、積雪、凍結と無縁なコースを21kmも走れること自体がサプライズなので、往路は3分50秒台を維持して行った。

9kmほど進んだところで、折り返してくる先頭ランナーを見ると、公務員ランナーの川内君だった。1時間6分くらいで練習していたようだ。

10.5kmくらいで折り返すと、一転して、強烈な向かい風の洗礼を受ける。

3月のフルマラソン本番を想定して、集団の後ろで風を避けたりしながらジタバタしてみたが、かなりヘロヘロで、19km付近では、かなり凹んでいた。

ハーフマラソンで、ここまで脚が重くなることも珍しい。

今一歩どころか、三歩、五歩足りない感じ。勝田までに、どこまで仕上げられるか興味深い。

結局、復路で4分を切れたのは、最後1kmだけ。「いくらなんでも、このおじさんには負けられないだろ」って感じのランナーにドヤ顔で抜かれてしまったので、ラストだけ3分40秒くらいで必死に抜き返したのだった…。coldsweats01

結局、1時間26分台後半のタイムだった…。復路の、一歩進んで二歩下がる体感の風を最後まで克服できなかったのが全てだった。復路は、平均で4分15秒くらいまで落ちてたと思う。
体重増やせば、多少は気にならなくなるのかも知れないけど、なかなかそうもいかんしな…。

足首のテーピングをうっかりし忘れてしまい、夜になっても痛みが引かない。
1年前に買ったまま出番のなかったレース用シューズを、ぶっつけ本番で履いてみたが、こちらは、まずまずの感じ。

これからの時期、スピード持久力の効率的なトレーニング方法を試行錯誤することになりそうだ。

« 12月の赤い月 | トップページ | 古戦場発着LSD »

ふつ~のマラソン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2014年8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

走れるかしら?

青影